Mac版Twitterクライアント、突然の終了

takahashi 著者:takahashi

Mac版Twitterクライアント、突然の終了

先日、SNSサ―ビス”Twitter”を運営するTwiitter社がMac版公式クライアントのサポートを突然終了するという通知を行いました。

Mac版公式Twitterアプリ、突然の提供終了 – ITMedia News

記事にもある通り、現在AppStoreからも削除されています。
更に、自分の環境では、インストール済みのMac版Twitterクライアントもエラーが表示されTwitterに接続できなくなっていました。
恐らく、コンシューマーキーも削除されたものと思われます。

Mac版Twitterクライアントは、Twitterが2010年に買収した米AtebitsのMacおよびiPhone向けTwitterクライアント「Tweetie」ベースのアプリ(ITMedia News)で、ユーザーストリーミングに対応した数少ない公式アプリでした。
使い勝手も非常によく、愛用していたのですが、終了してしまったのは残念です。

ただ、UserStreamAPI自体が今年の6月末で終了予定であったり、AppleがMac版アプリとiOS版アプリの統一を行う予定であったり、という状況もあり、その準備のために消した可能性も考えられるようです。

とはいえ、サポート終了後にいきなりコンシューマーキーも削除してしまうという対応はちょっと乱暴にも思えますし、ユーザーの不信感を煽っていないか気になるところです。
Twitterは同社の身売りに失敗してから、かなりいろいろな動きをしていてそのたびに騒ぎになりましたが、どれをとっても実際の思惑はどこにあるのか、以前として不透明な状況です。

  • この記事いいね! (0)

著者について

takahashi

takahashi administrator

Webエンジニア。 趣味で自宅サーバーを稼働中。 ファンタジーが好き。