謎のHTTPステータスコード”418 I’m a teapot”が出た時の対処方法

takahashi 著者:takahashi

謎のHTTPステータスコード”418 I’m a teapot”が出た時の対処方法

は一つしかありません。
笑いましょう!

HTTPステータスコードとは、主にブラウザからサーバーへの要求に対して、その結果を3桁数字で表したものです。
例えばよく見かけるものとして、404なら”Not Found(見つかりませんでした)”、403なら”Forbidden(アクセスが拒否されました)”、500なら”Interlal Server Error(サーバー内で問題が発生しています)”などです。ほかにもたくさんの種類があります。

そんなステータスコードの中の一つとして存在しているのが”418 I’m a teapot” です。
意味は “私はティーポット。” で、”ティーポットにコーヒーを淹れさせようとして、拒否された場合に返されるステータスコード”です。わけがわかりません。

なんでこんなステータスコードが存在しているのかというと、”1998年4月1 のエイプリルフールに作成されたものが、そのまま実装されたコード”らしいです。
出典:HTTP ステータスコード 418 I’m a tea pot のページを実装してみた- thought is free

ちなみに、Googleの公式のサイトで、418ステータスコードが実装されているページがあります。
https://www.google.com/teapot


開発者ツールで開くとちゃんとエラーとして表示されます。さすがGoogle。

ちなみのちなみに、ステータスコード418を利用するプロトコル”HTCPCP/1.0″(ハイパーテキスト・コーヒーポット制御プロトコル)なるものがあり、ちゃんとRFC 2324として登録されています。ワケガワカラナイヨ!!!

インターネットのこういうちょっとしたおふざけを公式非公式関わらずに行う文化、個人的に結構好きです。
今年もあと数か月でエイプリルフールがやってきますが、ここ数年インターネット上ではは企業もこぞってジョークを投げあう、混沌とした日となっています。
今年は各方面からどんなジョークが飛んでくるのか…楽しみですね。

  • この記事いいね! (2)

著者について

takahashi

takahashi administrator

Webエンジニア。 趣味で自宅サーバーを稼働中。 ファンタジーが好き。