カテゴリーアーカイブ オープンソース

著者:杉浦

国土地理院サイトの便利な機能

国土地理院(こくどちりいん、英語:Geospatial Information Authority of Japan)は、国土交通省設置法及び測量法に基づいて測量行政を行う、国土交通省に置かれる特別の機関である wikipediaより(2018/04/18)

 国土地理院は日本の測量関係全般に広く深く関わっています。そのためか国土地理院のサイトはぱっと見に何があるのかわからないくらい価値の高い情報が山積みにされています。その中でも自分が使った、使っている即物的な部分を紹介します。

地理院ホーム > 刊行物・資料 > 国土地理院技術資料とその提供について > 技術資料リスト -n

 その名の通り国土地理院の技術資料のリストです。古い統計資料、基本的な技術から最近のGNSS関係まで広く保存されています。中でも”国土地理院のウェブサイトに掲載されているもの”は簡単にアクセスでき、利用範囲も広く便利です。

地理院ホーム > 基準点・測地観測データ > 便利なプログラム・データ

 その名の通り国土地理院の開示しているプログラム・データです。プログラムの比率が多めです。複数の機能がありますが特におすすめなのが”測量計算サイト”です。この機能は楕円体である地球の測量をお手軽に高精度に行えます。APIにも対応しているためそれなりの量の計算もこの機能だけで行えます。一部機能は計算方法も掲載されているため、これを参考にプログラムを用意すればビッグデータの様な大量の計算もできます。”測量計算サイト”は”公共測量での利用”を筆頭に公的に使用するには手続きが必要ですが、そのための公共測量か否かの判断チャート、手続き案内も国土地理院のサイトには備えてあります。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

昔のMac OS(System 7)やWindows 3.xがブラウザ上で動作するサイト

僕は昔からちょっとしたOSマニア(といってもとりあえず一通り触りたいだけ)で、Windowsは勿論、MacOSとLinuxディストリのいくつか、ChromeOS、iOS、Andoridと現代のいろいろなOSは一通り触れてきました。
現行のどのOSでも、設計思想は違えど非常に使いやすいUI/UXをもつGUIを供えており、どれか一つのOSに振れたことがある人であれば、他のOSをさわっても基本操作はだいたい一目でわかるぐらいに簡単に操作できるようになっています。

各OSの設計思想の違いを感じることができるのが”OS弄り”の楽しさであるのですが、触っているうちにふと、”じゃあこのOSの黎明期はどんなUIだったのだろう”という興味がわいて来ることがあります。

そんなわけでいつか機会があれば触ってみたいなーと思っていたのですが、古いOSのインストールディスクはなかなか入手できる代物ではないですし、入手できたとしても、現行の物理マシンや仮想マシン上で動くのか、といった問題があり、なかなか動く形で触る機会というのはありませんでした。

そんな中、先日ネットサーフィンをしていたらこんな記事を発見。

懐かしのMac OS System 7をブラウザ上でエミュレートして再現できる「PCE.js」- Gigazine

Internet Archive、System 7のアプリを利用できるコレクションを公開 – スラド

なんとブラウザ上で古いOSを動作させることができるサイトがあるらしい!
早速触ってみました。

サイトを閲覧するや否や、Machintosh Plusをモチーフをした絵が表示され、絵の画面部分に、本当に昔のMacOS(System 7)が起動しました。


シャットダウンもリブートも行うことができます。

最初に出てくる”Kidpix”は…

お絵かきソフトでした。

ちなみに、Mac以外にもWindowsの旧バージョンも見ることができます。

さわっていて気づいたことは、MacOSは白黒の時代に販売されたOSでも、デザインはほぼ似ており、簡単ながらエフェクトもすでについていたことには驚きました。
また、Windows3.0も思った以上にカラフルで、操作しやすさを考えていることがよくわかりました。

今のOSといろいろな部分を比べてみると、それぞれのOSの特徴や違いは再発見できてとても面白いと感じました。
興味のある方は見てみてはいかがでしょうか。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

ストーリーとグラフィックの”オープンソース化”を目指す異色のスマホゲーム”LayereD Stories 0″が面白い!

最近、ふとしたことで知ったゲームがあります。

ゲームのタイトルは「LayereD Stories 0」
舞台は2037年の日本。ARシステム「LayereD」が発展したことで、”イメージできることはすべて実現可能”となった世界です。
この世界では、ARをつかってどんなことも表現可能になった一方で、社会で一定数の人が”不快”を提示したコンテンツやユーザーのアカウントは一方的に削除されてしまいます。そんな中で登場人物たちがそれぞれの葛藤や信念を持ちながら、この仕組みと対峙していくようなストーリーです。

ソーシャルゲームでありながらそんな現実社会の”表現の自由”への考え方に一石を投じるようなストーリーの深さに、とても面白さを感じました。

他にもキャラクターデザインはさることながら、ゲームと本格的なCGアニメの両方をコンテンツとして公開していたりとストーリー抜きにしても力の入れ具合が半端ない印象のタイトルですが、個人的に一番注目したいのは”3Dモデルやストーリーのオープンソース化”が計画されているという点です。

バンナム、UGCを活用して新規IPを創出・育成する新プロジェクト「Project LayereD」始動! – Sotial Game Info

■創出したIPをオープンソース化! UGCを活用してIP育成
「Project LayereD」では、本IPの世界観、キャラクター設定、3Dモデルや2D画像を個人であれば誰でも自由に使える設定・素材として公開、無償提供します。お客様は簡単なライセンス表記のみで二次創作が可能で、個人利用のみならず商用利用も行っていただける予定です。IPの創出のみならず、IP育成においても積極的に二次創作を促し、お客様と一緒に「Project LayereD」を活性化していきたいと考えています。

いままでオープンソースの世界でも、創作界隈でも、”創作物のオープン化”という試みはあまり行われていない印象があります。
ましてや企業の制作物で”オープン化”される作品とは、きわめて希少ではないでしょうか。

プログラムで何か作ろうとしたとき、自分で1からすべてをフルスクラッチで書くのは、非常に大変な作業です。
しかし、オープンソースソフトウェアなどで、あらかじめベースとなるものがあれば、独自の部分だけに力を注げばよくなるので、よりいいものが作りやすくなります。

ゲームにしても物語にしても同じだと思います。1から作るというのは恐ろしい程の労力が必要です。
得意な人や、それを生業としている人は別としても、自力で一から構築していくのは簡単ではないはずです。

でも、作る際に何かベースがあれは、作りたいものをぐっと作りやすくなると思います。
この作品の世界のように、才能や技術にかかわらず、誰でも創作に参加できるような流れづくりに、こちらのゲームが一役買ってくれるのではないのかな、と感じました。

今後の展開に注目していきたいと思います。

レイヤードストーリーズ ゼロ

  • この記事いいね! (0)