著者アーカイブ asaba

asaba 著者:asaba

【android Java】ERROR:idea not supported サブタイトル:赤きエラー再び

cordovaで新しくプラグインを導入しようとしたらERROR:.idea not supportedというエラーに見舞われたのでその解決策を。

コマンドでcordova platforms rm .ideaと入力して一旦.ideaを削除します。

その後に入れたいプラグインをaddすれば無事導入が完了します。たったこれだけ。

スクショをと思ったのですが忘れてしまったので活字で表現させていただきました。

プラグインを入れようとすると必ず立ちはだかるプラットフォームのエラーですが、種類が多く性格上忘れやすいので随時更新していく必要があると感じました・・・。という訳で今後も似たような事例をとりいれていきたいと思います、それでは!

 

 

 

asaba 著者:asaba

【iponeアプリ】日本全国AEDマップ

gpsで許可さえすれば近くのAEDをすぐに探せるというアプリを見つけたので使ってみました。

アプリをっダウンロードしてgpsを許可するだけで自分がいる地点のAEDがある施設をアイコンで示してくれます。

地点投稿機能もついており、利用時間の情報の追加もできます。知らない土地でAEDが必要になった時に非常に重宝されるのでこういう機能はいいなと感じました。

心臓の弱い方と一緒にいてもし万が一必要になった時はこれを使えば早い段階で救助ができるのでとても利用価値の高いアプリだと思います。これからもこのようなアプリが増えていってほしいですね~。

asaba 著者:asaba

Failed to fetch plugin:ERRの赤文字から逃れた話

前回【androidJava】プラグイン導入できない!?Failed to fetch pluginとは・・・

の記事で、ホラー映画さながらの大量の赤文字エラーが解決できないでいましたが、あっさりと解決することができました。

やり方も非常に簡単で、まずプラットフォームを全て消した後に、その後プラグインも全部rmで削除してしまいます。


cordova prugin rm


cordova platfoms rm

でその後に入れたいプラグインを入力します。

 

cordova prugin add 入れたいプラグイン

でも前回はiosとandroidも消したはず。ただ.ideaとbrowserを消していなかったのですが、全部削除しないとダメだったのか・・・?解決はしましたが腑に落ちない結末でした。
あと一応ソースツリーの作業ツリーのファイルも全て消しておいたほうがいいです。configとかpackageが先祖返りしてpluginなんて知らないってとぼけるかもしれないので・・・


とりあえず今後もしこのようなエラーを見かけたらプラットフォームとプラグインを疑ってみてくださいね。それでは!


 

 

asaba 著者:asaba

【androidJava】続・firebaseを使ったアプリをビルドしたらcould not find any versionで怒られた話

今日は、おとといandroid studioに怒られたエラーcould not find any versionの別の対策について書きます。(トップが象なのはgradle関係なので)

前回、上のエラーに遭遇した時は、「以下のようにbuild.gradle(android側)で、リポジトリを追加するコードを書き加えてあげましょう。」という対策を上げましたが

 maven { url "https://maven.google.com" } 

それでもまだエラーがでてくるよという方のためにもう一つの対策法も載せておきます。

まず、前回と同じandroid側のgradleファイルを開いて、dependencies内のclasspathに着目します。そこに書いてあるbuild.gradle〇.〇.〇という数字がありますが、これはgradleのバージョンを意味しています。つまり、何もいじらない段階でエラーが起きているということは、今使っているgradleのバージョンが古い若しくは存在しないバージョンを使っているために引き起こしていると考えられます。

さて、正常にする方法ですがbuild.gradle〇.〇.〇の上にカーソルを合わせると豆電球アイコンがでます。スクショを取り忘れてしまったので詳細を載せることはできませんが、豆電球の説明に従って適切なバージョンにアップグレードしてください。ちなみにCordovaLib側のバージョンはandroid側と合わせなくてもいいみたいです。

gradleのエラーは一回解決しても次々新しいエラーが出て訳の分からないことになるのであまり触りたくはないのですが、今回のようにバージョンが古かったりプラグインの設定を見直したいという方は慎重にいじってください。一回設定を間違えるとプラットフォームやnode.moduleを一から入れなおしたりと時やたら間を使ってしまうので・・・(汗)

asaba 著者:asaba

【androidJava】プラグイン導入できない!?Failed to fetch pluginとは・・・

タイトルの通り今回は未解決の議題になります。

cordovaアプリ開発中にcordovaでバッジを追加するプラグインが必要になったので、インストールしようと思ったらエラー出てはまっております。

gitの説明通りにプラグインを入れようとしたら以下のように赤文字がずらりと出ました。

Failed to fetch pluginと出ているので、プラットフォームに入っていないだけかと思いcordova platforms rm androidでプラットフォームを入れなおしたりnpmのバージョンのアップグレードを試みたのですが、解決されずに今の状況に置かれています。

スタックオーバーフローにはプラットフォームとプラグインを全部アンインストールして再びインストールした後にプラグイン導入すればできると書いてあったのですが結局消えませんでした。

会社の先輩のcordovaだと普通に動作するのに何故・・・?gradleも一応最新にしてあるのに。

今は動きませんが、近いうちにすぐに解決して備忘録に載せます。

 

 

asaba 著者:asaba

【androidJava】firebaseを使ったアプリをビルドしたらcould not find any versionで怒られた話

cordovaを使ったアプリをAndroidStudioでビルドしたらあるエラーにはまったので備忘録として残します。

早速ですが、下にあるのがGradle内で吐いたエラーです。ログを見るとエラー1って書いてあるのになにやらごちゃごちゃしていてdependencyのクラスパスが使えないとか色々書いてあってどれから見たらいいか分からないくらいダラダラ出てきました。

スタックオーバーフローによればfirebaseのバージョンがどこを探しても見つからない、合わないよというエラーのようです。

そういう時はbuild.gradle(android側)で、リポジトリを追加するコードを書き加えてあげましょう。

repositoriesスコープ内のjcenter()の上あたりで大丈夫です。

maven {
url "https://maven.google.com"
}

原因ははっきり分からなかったのですが、さっき追記したリポジトリがなかったのでfirebase自体が無いとみなされていたということでしょうか・・・

ざっくりとした解説ですが自分はこれで無事ビルドできました。同じような記事を探したのですが、国内での事例が少なくまともなサイトがなかったのでしぶしぶスタックオーバーフローで探しました。gitもそうですが英語ができると開発だけでなくエラーにも正確に対応できるしで活躍の幅が格段に広がりますよね。筆者も英語はからっきしなのでよく海外のサイトを頑張って読んだりして耐性をつけております。それでは。

P.S.参考にしたページのリンクです!->https://stackoverflow.com/questions/50815960/could-not-find-any-version-that-matches-com-google-firebasefirebase-iid16-0-0

 

 

 

asaba 著者:asaba

【source tree】git flowでブランチを切る

ソースツリーからしばらく離れているとすぐに機能のことを忘れてしまいそうになるので、少しですが備忘録として残します。

さて、プロジェクトである程度機能を付け終わったらブランチを切る必要があります。そんな時は、git Flowでブランチを終了します。

source tree上のテーブルで、gitFlowというタブがあるのでそこをクリックします。

次に、フィーチャーブランチを押せばブランチを終了させることができます。

余談ですが、多くのファイルを一気にコミットしてしまうと、コミットする前にどこかのファイルを編集してしまったことが原因で起こる先祖返りやバグを探しにくくなってしまいます。ソースツリーにまだ慣れていない人は小さく細々とコミットしていったほうがめんどくさいエラーに出会う確率が減るかもしれないですね。

asaba 著者:asaba

【android java】アーバンなUIを提供してくれるBootstrap

android版ライブラリbootstrapを試しに使ってみたので、今日はそのダウンロード方法や踏みつけたエラーを備忘録として残します。

アプリを作る時は、どうせならスタイリッシュなUIにしたいですよね。bootstrapは、twitter社生まれのcssフレームワークです。数あるフレームワークの中でも特に多彩なバリエーションのUIを揃えており、多くの企業がアプリやwebサイトを作るのに採用しています。そんなbootstrapは元々webアプリ向けに開発されましたが、androidでも一式用意されているので使ってみました。

導入方法ですが、まずgitからhttps://github.com/Bearded-Hen/Android-BootstrapREADME.md に説明が記載されているのでそれに沿って進めます。build.gradle(Module.app)内のdependenciesの中に下記のコードを加えます。

implementation 'com.beardedhen:androidbootstrap:2.3.2'

2.3.2はbootstrapのバージョンを指しているので、現在のバージョンに合わせて書いてください。余談ですが、自分は上記のコードをproject:〇〇〇というgradleファイルに書いてしまったためandroidstudioに怒られてしまいました。

なので、もう片方のapp:〇〇〇というgradleファイルに書いてください。

よく見るとファイル下に書いてありましたね・・・ここには書くなって・・・はい。

<pre>// NOTE: Do not place your application dependencies here; the belong
// in the individual module build.gradle files</pre>

次に、MainActivityと同じフォルダ内にTestBootstrapというアクティビティを新しく作ります。

package com.example.swift0910.myapplication;


import android.app.Application;

import com.beardedhen.androidbootstrap.TypefaceProvider;

// Applicationを継承
public class TestBootstrap extends Application {
    @Override public void onCreate() {
        super.onCreate();
        TypefaceProvider.registerDefaultIconSets();
    }
}

 

Applicationを継承するクラスのコードを書いたら、次にAndroidManifestに以下のコードを追加します。

android:name=".TestBootstrap"

以上で設定は完了になります。デザインはhttps://akira-watson.com/android/android-bootstrap-library.htmlのnyanさんのが一番しっくりきたので参考にさせていただきました。xmlコードや機能も載っているので、使いこなしたいという方は色々いじってみると本質がわかってくるかもしれません。

ライブラリって記載されているコード全部をコピーしてandroid studio内のローカルフォルダに入れていると思っていたので、まさかこんな簡単にダウンロードできるとは思っていませんでした。

asaba 著者:asaba

【office】office365が使えなくなるというメールが・・・

最近になってoffice365の利用期間が終了しましたというメールが来ました。買ったときはそのような契約はした覚えはないし途中でソフトを買ってインストールしたことはなかったです。

ExcelとかWordが使えなくなるの?買ったばかりなのに・・・と一瞬困惑しましたが、一旦落ち着かせて調べてみることに

すると、officeのソフトとoffice365は全く別物ということが分かりました。こいつはソフトではなく、クラウドサービスのようです。

・最新のofficeをどのデバイスでも使うことが出来る。

・どのバージョンのofficeソフトも互換性を気にせずに使える。いちいちアンインストールしてまたインストールしなくてもいい

・セキュリティ更新が自動

というメリットがあるみたいです。https://www.microsoft.com/ja-jp/office/2013/business/vp/user/office365.aspx

色々便利ですが、自分用パソコンではそもそもofficeのソフトをあまり使わないし使ったとしても大人数で管理するなんてことはないので当然スルーしました。

こういうのびっくりするから買ったときに説明してほしかったです。(若しくは自分が聞き逃したか)

asaba 著者:asaba

画面真ん中に出てくる「アレ」を駆逐する方法

半角あるいは全角変換するときに「あ」もしくは「A」と表示されることはありませんか?

作業中やネット閲覧中にいちいち出てこられるととてもうっとおしいのでここではそれを表示させなくする方法を書いていきます。(すごく簡単ですが)。

まず、画面右下のA(あ)をカーソルに合わせて右クリックします。

一覧を表示後プロパティタブを選択します。

上のダイアログが表示されたら下部の画面中央に表示するについているレ点チェックを外します。これだけで消えてくれます。調べたらどうやらWindows10からの仕様みたいですね。右下アイコンが小さくてみにくいので、視覚的な補助をするためなのかな?と思いましたがどれが真説化は不明です。短いですがおしまいです。