浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

古いpcを使っていてブルースクリーンが出てきたときの対処法

今日はブルースクリーンと対峙した時の苦難をつづります。

自分は少し前富士通のFMV(もう八年前のPCです)を使っていました。

USBのデータをPCに転送しようかなと思って繋げた瞬間

ヒュン。という音と一緒にPCが落ちました。

USBも古いものを使っていたので、コネクトが劣化していて

PCが受け付けなかったのか程度の軽い気持ちでした。

あの画面がでるまでは・・・

再起動すると、なにやら起動に時間がかかっている。

接続前の状態に巻き戻してるのかと思ったら突然

真っ青な画面が!!

調べてみると、大体はハードの破損・マザーボードの劣化などが原因みたいです。

また、pcコネクタ・ケーブルどちらか一方が古いと同じように落ちることがあるようです。

自分の場合はUSBのコネクトに何らかの不具合があり、pcがそれをずっと記憶して残してしまっているのが原因でした。

こうなると絶対に直接開くことができないので

まずF8キーを押してセーフティーモードで起動します。

その後中のデータをバックアップしてそれをシステムの復元をしてロールバックしましょう。

正常にwindowsが起動すれば解決です。

それでもブルースクリーンが出現した場合は

家電量販店などに設置してある復旧サービスを頼みましょう。(中の部品関係は素人には敷居が高いと思うので)

この子に出くわさないような一番の対策は、日ごろから身の回りのインターフェースに異常がないかの確認だと思い知らされました。

小さなことですが、怠ればこの青い画面を一から処理すると思えば面倒くさいと感じなくなります。

そして古いpcが頻繁にブルースクリーンを出したら、それはもうpcが劣化して長くないことを意味するので

よほどのことが無い限りは買い替えましょう。

顔面蒼白にならないために

  • この記事いいね! (0)