浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

iphoneカメラで撮影したheicファイルをjpgに変換する

※この記事は、Macでiphoneから取得した画像を使いたい時の対処法になります。

pc:macbook pro

iphoneで撮影した画像はデフォルトでheicという拡張子になります。

iOSではiOS11から画像のファイル形式が「 JPEG 」から「 HEIF 」に切り替わりました。 HEIFとは

「High Efficiency Image File Format」の略で「高効率画像ファイル」という意味になります。

高画質かつ軽いのが特徴で、なんとJPEGの半分のサイズにおさえられています。

このファイル形式のおかげで我々はiphoneで高画質な写真を堪能できるというわけです。

そしてこのHEIFの拡張子が「HEIC(ヘイク)」です。

このHEIC、iphoneで使う分には問題ないのですが、pcで使うとなるとやはりjpg・pngが幅を利かせていて

このままでは使用できないケースが多いです。

iphoneで取った写真をpcであれこれしたいって結構ある事なのでよく考えてみたらとても不便です。

単体のHEICを変換するにはまずairDropなどでHEIC画像をpcに渡します。

そのあとに以下の変換サイトで対象の画像をjpgに変換します。

https://convertio.co/ja/heic-jpg/

convertioというサイトで、heic jpg 変換で検索すると上位に出てきます。「ファイルを選ぶ」を

クリックすると変換したいHEIC画像を選択できます。

画面右の赤いボタン「変換」をクリックすると先ほどのHEIC画像がjpg画像に

変換されているのが確認できます。

これで晴れてiphoneから受け取った画像をjpgとして使えるようになりました。

HEICファイルってiphone内で自己完結してるのであまり気にならなかったのですが

こうしてpcで使おうとすると非常にめんどいですね。

  • この記事いいね! (0)