浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【javascript】reduce関数を使って配列の中の数値の合計値を算出する

数値の合計値を足していって合計を出すことは通常の開発ではよくあることですが

javascriptでは、reduceという関数を使って配列に収められている数値を順に足していって

合計を算出することができます。

reduceはコールバックとして関数を持った後にpreviousValueとcurrentValueという

値を順に取り出し次々合算していきます。

例えば、arrという配列の中に[1,2,3,4]と四つの値が入っていたとします。

これをreduceにあてはめた場合

let cartSum = '';
let arr = [1,2,3,4];
function sum(previousValue, currentValue) {
  return previousValue + currentValue;
}
cartSum = arr.reduce(sum);

previousValueが0,currentValueが1で 0 + 1 = 1

previousValueが1,currentValueが2で 1 + 2 = 3

previousValueが3,currentValueが3で 3 + 3 = 6

previousValueが6,currentValueが4で 6 + 4 = 10

配列の終わりまで加算を繰り返して最終的に全て合算した結果が返ってきます。

  • この記事いいね! (0)