浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

SSHキーをssh-agentに追加する方法

前回はsshキーを作る際に覚えておきたいコマンドを並べただけだったので

今回は実際にsshキーを生成してssh-agentで保存するところまで進みます。

①まずは、メールアドレスを含んだsshキーを作成。

ssh-keygen -t ed25519 -C "your_email@example.com"

your_email@example.comのところは自分のメールアドレスを入力します。
なお、この時点ではキーは作っただけで保存はしていません。

②Enter a file in which to save the key (/c/Users/you/.ssh/id_algorithm):[Press enter]
というメッセージが表示されるのでenterをクリック。

これは、キーを保存する場所を指しています。

③パスフレーズを求められるので任意のパスフレーズを入力

Enter passphrase (empty for no passphrase): [Type a passphrase]

確認用にもう一回

Enter same passphrase again: [Type passphrase again]

④ssh-agentを開始

eval "$(ssh-agent -s)"

⑤~/.ssh/configに存在するconfigファイルを修正。パスフレーズが正常に

保存できるように修正します。

まず、~/.ssh/config ファイルがデフォルトの場所にあるかどうかを確認します。

$ open ~/.ssh/config

無ければ以下の文が出力されるのでtouchコマンドでファイルを生成

The file /Users/you/.ssh/config does not exist.
touch ~/.ssh/config

⑥configファイルを以下のように修正。

Host *
AddKeysToAgent yes
UseKeychain yes
IdentityFile ~/.ssh/id_ed25519

⑦SSH 秘密鍵を ssh-agent に追加して、パスフレーズをキーチェーンに保存します。
以下のコマンドを入力。

sh-add -K ~/.ssh/id_ed25519

これでsshキー生成・保存できました。

次回はGitHubのアカウントにSSHキーを追加します。

  • この記事いいね! (0)