浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【vsCode】gitHistoryを使ってgitと同等の作業をvsCodeでする

githistoryでできること↓

  • gitのログを見ることができる
  • 今まで更新した全てのファイルを確認できる
  • コミット・ブランチ作成も可能

要はgitでできることを全てvscodeの中でやれるようにしてくれるプラグイン。

これを使って、margeブランチの差分をdevelopに反映させます。

まず、コミット作業からです。左から三番目にあるソース管理をクリック。

変更したファイルの+ボタンを押してステージング

何かメッセージを入力してレ点ボタンを押す。これがコミットボタンです。

コミット作業はこれで完了。

次にローカルリポジトリに反映させる作業(プッシュ)をします。

今回は「master」ブランチの内容を「develop」ブランチに反映させるので、まず最初に

画面左にあるオプションっぽい群から一番左のボタンを選択してdevelopブランチに

チェックアウトします。

developブランチに到着したら先ほどインストールしたgit historyを使います。

まず、左上にある時計マークのgit historyアイコンをクリック。

すると、画像のように指定したブランチの更新履歴が表示されます。

右端にある「more」を押すと、画面上部にコマンド一覧が表示されるので、その中の

merge this commit into current branchを押してmasterを選択。

競合等なければそのままmasterのファイルがdevelopに反映されて成功となります。

これでコミット->ローカルリポジトリにプッシュの一連の流れは終了になります。

ソースツリーは壊れやすいから使いたくない、でもターミナルのgit操作に

まだまだ慣れない、怖いと言った人はこっちの方が適しているかもしれません。

  • この記事いいね! (0)