浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【javascript】subStrを使ってyyyy/mm/dd形式の生年月日を属性ごとに取り出す方法

日にちを扱う機能を作っていると、yyyy/mm/ddで出力された生年月日データを年月日ごとに取り出して

使用したい時があると思います。

javascrirptには、特定の位置から何文字切り取るか選択して取り出すことができるsubstrという

関数が用意されています。

substrの引数には、一つ目は切り取る開始位置。二つ目は切り取る文字数を引数にとります。

今日の日付を取得したい場合は以下のように使用します。

let registedDay = '20210406';
const year = registedDay.substr(0,4);
const month = registedDay.substr(4,2);
const day = registedDay.substr(6,2);

通常のyyyy/mm/dd形式のデータであればこれで取得できます。

この形式ではmonthの中身は04、dayは06という形になります。

整数を使いたい場合はNumber(month)と指定して整数(04から4)に加工することができます。

便利な関数のおかげで意外と簡単に変換できました。

  • この記事いいね! (0)