浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【javascript】window.onpopstateで戻り時の状態を検知する

お題

window.onpopstateの使い道について

window.onpopstateは、this.props.history.goBack()で前ページに戻ったかどうかを
検知することができます。


基本的には以下のように使います。

componentDidUpdate(){

window.onpopstate = e => {

alert(“”)

}

}


使用時の注意事項


・戻ったことを強調するアラートを加えることでユーザーに強い注意を促すことができる


・従来のsetStateはここでは作動しない。(表面上は何も起きない)。ここでできるのはユーザーに アラートでメッセージを伝えたりログを取得することのみ。なのでsetStateで直接DOMをいじることはできない。 また、グローバル変数も更新できない。


・戻った時でなく次ページに進んだ時も作動するので、基本的にはそれ以上戻る行為をしない ページで使うのが望ましい。


まとめ

ログ見る分には必要かなと思いました。

  • この記事いいね! (0)