浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

VSCodeでインストール済みのプラグインを確認する

お題:VSCodeでインストール済みのプラグインを確認する方法

※名称をVSCodeで統一しています

VSCodeを長く使っているといつなんのプラグインを入れたか、または不必要な

プラグインを入れていないか気になりだすと思います。

かくいう自分もVSCode歴が1年半たったのでここに区切ってそろそろ整理しておこうと思い

書くことにしました。

調べてみると、下記のようにコマンドを打って一覧を見ることができるとのことでしたが

この方法はmacでしかできなかったので割愛します。

<pre>$ code --list-extensions | xargs -L 1 echo code --install-extension</pre>

ええ

一番手っ取り早かったのはVSCodeを開いて手動で確認する方法でした。

まず、左端のメニューバーの中から一番下のExtention(ブロックみたいな見た目)をクリックします。

 

 

クリック後INSTALLEDメニューバーをクリックします。

すると、インストール済のプラグインが一覧になってでてきます。

それぞれのプラグインをクリックするとプラグインの概要を見ることができます。

以上でプラグインの確認方法は終了です。

プラグインが溜まってきたら定期的に見て、使っているプラグインともう使っていないプラグイン

を仕分けていくとプラグインを二重にインストールする作業をしなくて済むようになります。

 

という訳で手順をまとめると

①VSCodeを開く

②左下のExtentionを開く

③INSTALLメニューバーを開く

④インストール済みのプラグイン一覧が表示される

です。

 

  • この記事いいね! (0)