浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【react-native】react-native run-iosが実行できなくなった時に試したこと

ソースツリーで反映させたソースコードを見るために

react-native run-iosコマンドを実行しようとしたのですが、以下のエラーが発生。

Command ‘run-ios’ unrecognized. Make sure that you have run ‘npm install’ and

that you are inside a react-native project.

多分、node_moduleも一緒に更新されたためにreact-nativeコマンドも一緒に更新

していなかったためだろうと思いnpm iを実行後。再度react-native-run-iosを実行。

はいおしまい、次々ーと思っていたら再度上記のエラーが発生。

・・・あれ?npm iしたよね?もしかして脆弱性のあるライブラリをインストールしちゃった!?と思いnpm auditを実行。

※npm auditとは、将来的に攻撃される可能性が高いライブラリを一挙に出してくれるコマンドです。

更新が止まった古いライブラリはセキュリティ面に穴が多く外部から攻撃される恐れが

高いため、それらをこのコマンドであぶりだして別のライブラリに代用したり使用をあきらめる

なりしてアプリのセキュリティを事前に防ぐ役目を持っています。

これらをnpm auditをしてみると脆弱性のあるライブラリが6件ヒット。一つずつnpm uninstallして再度

npm iをするもまたも同じエラーが発生。

長考した結果原点回帰でコマンドを閉じて再起動をしてみることに。よく見るとターミナルを二重に

開いていることが分かった。そして片方のターミナルはreact-native run-iosを実行した後のような様相だった。

怪しさmaxだったので今npm auditしたターミナルとこの途中っぽいターミナルを閉じて

再度nom i→react-native run-iosを実行。すると、無事にビルドが成功。シミュレータも正常に

起動してくれました。

 

という訳で今回のエラーの原因は

ターミナルを二重に開いていた のが原因でした。

前日にシャットダウンでなくスリープで閉じていたのでそれを忘れていたのが

引き金で起きたエラーという訳です。二重操作の防止か分からないですが今回は

なんだか自作自演っぽいエラーでしたね。めでたしめでたし!!

 

  • この記事いいね! (0)