浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【react-native cocoapods】[xcode] エラー *.debug.xcconfig: unable to openの解決法

日曜アプリの開発の時に遭遇した事案です。

以下スペック↓

OS:macOS Calalina

フレームワーク:react-native

 

普段はreact-native run-iosでビルドしていたのですが、シミュレータではデバッグが煩わしかったのと

そろそろiphoneXRで見たかったという理由でxcode側からビルドを仕掛けたのですが

debug.xcconfig: unable to open ○○○エラーが出てビルドまでいけなくなりました。

react-native run-iosでは普通に出来ていたのですが、xcodeを通すにあたって何らかのファイルが欠落していた

ということでしょうか。

理由はいくつか探ってみたのですが、アプリディレクトリ直下にcocoaPodsをインストールしていなかったのが原因でした。

まあ薄々感じてはいましたが。

app/iosの中には入っていたのですが、app直下にはインストールができていませんでした。というおち。

一応react-native run-iosでもihponeXRから起動はできるのですが、

このままだとデバッグが使えず不便なので以下のように修正↓

 

①cd app

②sudo gem install cocoapodsでインストール

③pod setupで更新
 
④Clean build

 

無事ビルド成功しました。終了になります。

iosで開発する際に必ず通らなければいけないcocoapodsの制約・学習。

色々めんどくさいですが、これがあるとライブラリの管理が楽になるのでcocoapodsがらみのエラーは

確実かつ適切に解決しましょう。

  • この記事いいね! (0)