浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

ENOSPC: no space left on device, writeでcordovaコマンドが打てなくなった時の対処法

macで開発中のアプリでnpm run buildしようとしたらいきなりビルドができなくなった。

エラーの内容は以下の通り

ENOSPC: no space left on device, write

原因:ファイルが多すぎる・思いファイルが複数あって容量が足りなくなったのが原因

試しにコマンドでdf -hをしてみると

Filesystem Size Used Avail Capacity iused ifree %iused Mounted on
/dev/disk1s5 113Gi 10Gi 114Mi 99% 487445 1182355035 0% /

これだけ見るとAvailが114Miしかない。いかに逼迫していたか読み取れます。

試しに何MBか消費しているファイルを削除して再npm run buildすると

無事に動きました。

不要なファイル・使っていないアプリは放置しているとこのような目に遭います。

日頃からファイル整理を怠っていたのが原因でした。

  • この記事いいね! (0)