浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【javascript】toLocaleString()でカンマ付き整数を生成する方法

文字列にカンマを加えたい時はtoLocaleString() メソッドが便利です。

このメソッドは言語に合わせた日時の文字列を返しますが、引数に数値を入れることで現在の一般的な

数値の文字列表現を行うことができます。

小数点でない値2000を変数を入れた場合、百の位でカンマをつけてくれます。

使用法は以下の通り。数字をくっつけるだけで追加してくれます。

 


//reactで書いてます

var num = 2000;
{Number(num).toLocaleString()+'円'}

//2,000

日本の文字コードを引数にしても同じ結果が返ってきます。


var num = 123456.1234;
console.log(num.toLocaleString('jp-JP'));

//結果
"123,456.123"

 

ja-JPというのは[言語コード]-[使用国・地域]で分かれるロケールという構成です。

上記の目的でも使えますが、本来の使い方はこちら。

console.log(event.toLocaleString(‘en-GB’, { timeZone: ‘UTC’ }));

//”20/12/2012, 03:00:00″

一つ目の引数にロケール、二つ目の引数にオプションを入れることでその国と

一致した時間を取得することができます。

以上でtoLocaleString() の基本的な使い方は終了です。

  • この記事いいね! (0)