浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【cordova】gradleをインストールしてcordovaからビルドを通す方法

コルドバを使って新しいアプリを作ってみようと思い

cordova build androidでビルドしようとしたとき、以下のエラーで足止めをくらいました。


Error: Could not find an installed version of Gradle either in Android Studio

Android Studioファイルの中にgradleファイルが確認できないと

このエラーが起きます。

また、AndroidStudioを使う際にGradlePluginを使ったGradleの役割を受け合う環境だと

これに引っかかるみたいです。

このエラーは新規でGradleを入れることで解決することができます。

 

①gradleの公式に移動

https://gradle.org/install/

②Installing manuallyの中の「Step 1. Download」をクリック

③中を見ると様々なバージョンのGradleが内包したzipファイルが置いてあるので

最新のv6.2.2ををダウンロードします。

Download: binary-only or completeの「complate」をクリックすると

即座にダウンロードされます。(かなり重いです。)

④gradleは一度置いておいて、今度はgradleを置くディレクトリを作ります。

C:\Program Files\Android\Android Studio2直下に「Gradle」という名前の

ディレクトリを作ってください。

⑤ディレクトリ作成後、zipファイルの中のgradleをGradleディレクトリの中に

コピーします。

コピー後、システムの環境変数を変更します。

⑥ユーザーの環境変数の中のGRADLE_HOMEという変数の中に(無ければ作ってください。)

C:\Program Files\Android\Android Studio2\Gradle\gradle-6.2.2と

入れこみます。

⑦次に、システム環境変数の中のPathという変数の中に新規で

C:\Program Files\Android\Android Studio2\Gradle\gradle-6.2.2\binと入れこみます。

⑧これでパスを通すことが出来たので、コマンドを開いている場合は再起動して再び

コマンドを開きます。

gradle -vでgradleのバージョンが出て、再度cordova build androidをして

エラーが消えれば成功になります。お疲れ様でした。

  • この記事いいね! (0)