浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【xcode】Could not locate device support filesの対処法について

新しく購入したiphoneXRにxcodeでアプリをダウンロードしようとした
ところ、サポートファイルが見つからなくて捕まりました。

 

エラー名↓

Could not locate device support files. This iPhone XR is running iOS 13.3 (17C54),

which may not be supported by this version of Xcode

使おうとしているiphoneのiosのバージョンは、13.3であり、今使っているxcodeは

そのバージョンに対応していないので起きているとのこと。解決するには、iOS13.3の

サポートファイルをgitでダウンロードしてくる必要があります。

 

※以下のgitページでダウンロードできます。https://github.com/filsv/iPhoneOSDeviceSupport

このiPhoneOSDeviceSupportのページから、使いたいiphoneのiosのバージョンに合ったファイルをダウンロードをします。

中身はこんな感じ

 

 

 

自分が使いたいのはiphonexr・ios13.3vなので、この中で13.3と書かれているファイルを探す->見つかったのでダウンロード

アプリケーションフォルダの中のxcodeを右クリック(もしくはcontrol + トラックパッドを
タッチしてパッケージの内容を表示)で開く

ディレクトリは次のとおり
Contents/Developer/PlatformsiphoneOS.platform/DeviceSupport/

この中に先ほどダウンロードした13.3という名前のファイルを
コピーします。

コピー後xcodeをxcode/Quick xcodeで一旦終了。その後またxcodeを起動させます。

 

これでめでたくビルド成功・・・とはいかずdyld_shared_cache_extract_dylibs

というエラーが起きてビルドならず。。。

com.apple.dyldというディレクトリで.processed_dyld_shared_cache_arm64e

というファイルが無いことで起きるらしい。ということで

コマンドにて適当なディレクトリ(ここでは例としてsampleフォルダ)で

touch .processed_dyld_shared_cache_arm64eを作成。

作成後.processed_dyld_shared_cache_arm64eファイルをコピー。

com.apple.dyldディレクトリまで飛んでファイルを追加します。

 

以下com.apple.dyldのディレクトリ(command+shift+g)

まず、~/ライブラリ/Developer/Xcodeで一旦xcodeディレクトリまで飛ぶ。

その後iOS DeviceSupport⁩ ▸ ⁨13.3 (17C54) arm64e⁩ ▸ ⁨Symbols⁩ ▸ ⁨

System⁩ ▸ ⁨Library⁩ ▸ ⁨Caches⁩ ▸ com.apple.dyld⁩までひたすら

開く。先ほどsampleフォルダに追加した.processed_dyld_shared_cache_arm64e

をcom.apple.dyld⁩の中に貼り付け。Xcodeを終了→再起動。

念の為クリーンをして終了、自分はこれでうまくいきました。

 

※自分のcom.apple.dyldファイルには.copied_dyld_shared_cache_arm64eと

touch dyld_shared_cache_arm64eが既にありましたが、無い場合は

touch .copied_dyld_shared_cache_arm64e

touch dyld_shared_cache_arm64e

で追加しておきましょう。

  • この記事いいね! (0)