浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【npm】肥大化したnode_moduleの縮小法

node_moduleをインストールしていると

やたら色々インストールしていて気になったので、

試しにwebpack-bundle-analyzerで見てみた。

すると、結構な数のnode_moduleファイルを使っていることが判明。

 

ファイルのサイズを測ると、188MBまで膨れ上がっていた。

もしその中で使っていないファイルを一斉削除したら

ファイルの読み込み時間もビルド時間も短縮できるのではと考え

npmのパッケージを探したところ、npm pruneという

コマンドでそれっぽいことをすることができるみたい。

 

npm pruneとコマンドで打つことで使っていない

node_moduleのファイルを削除してnode_moduleファイルを

軽量化することができるらしい。

 

また、npm prune –productionでpackage.jsonに書かれている

dependencies内以外のプラグインを削除することができる。

ただし、devDependencies内のプラグインは消えてしまうので

使う場合はdevDependencies内のプラグインをnpm uninatall ○○して

再度npm i –save ○○をしてdependencies内に移してから実行した方が良さげ。

 

とりあえずnode_moduleをシェイプアップしたいと思ったら

こちら二つのコマンドを覚えておけば大丈夫かなと思います。

 

npm prune
npm prune --production

 

  • この記事いいね! (0)