浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【babel】babelの互換性について

babelのバージョンエラーについて

babel自体のバージョンとbabel-loaderのバージョンの互換性が整合

できていないとエラーになる。

 

例えば、babel-loader8を使うには、babel7がインストールされていなければいけない。

“babel-core”や”babel-preset-react”をそのまま使おうと

すると、cannot resolveエラーが返ってくる。

これはbabel-loader8に各プラグインが対応していない為。

babel-loader8の場合は、※頭文字に@がついたプラグインを

インストールする必要がある。

※”@babel/core”、”@babel/preset-env”、”@babel/preset-react”等

各プラグインがnpm installできたら上記のプラグイン二つを.babelrcに記述する。

 

</pre>
//.babelrc

{
"presets": ["@babel/preset-env",
"@babel/preset-react"
],
}
<pre>

 

babel-loader7を使う場合は、”babel-core”や”babel-preset-react”とそのまま

追加して使用できる。

もしbabel-loader7から8に乗り換えたい場合は旧型の”babel-core”や”

babel-preset-react”をアンインストールしてから

新しい”@babel/preset-env”等を入れる必要がある。(競り合いが起きるので)

 

自分のbabelのバージョンを確かめてからそれぞれ互換性のある

プラグインをどしどし入れるのが一番ややこしくなさそう。

  • この記事いいね! (0)