浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【npm】packeage.jsonの手動で弄った時に気を付けること

npmのパッケージやコマンドを新しく追加したい時にpackage.jsonを

よくいじると思います。ところが、jsファイルと違って誤字に寛容でないので

少しのタイポも見逃してくれない厳しい仕様となっています。

例えば、このエラー↓

 


npm ERR! code EJSONPARSE
npm ERR! file C:\Users\swift0910\Documents\tutorial\package.json
npm ERR! JSON.parse Failed to parse json
npm ERR! JSON.parse Unexpected token } in JSON at position 2367 while parsing near '....js --env=jsdom",
npm ERR! JSON.parse },
npm ERR! JSON.parse "jest": {
npm ERR! JSON.parse "...'
npm ERR! JSON.parse Failed to parse package.json data.
npm ERR! JSON.parse package.json must be actual JSON, not just JavaScript.

 

よく見ると、4行目でUnexpected tokenでカッコの前後に不適切な文字列が

混入しているよ~って言われています。

 

で、package.jsonを見ると、

 


"scripts": {
"start": "node scripts/start.js",
"build": "node scripts/build.js",
"test": "node scripts/test.js --env=jsdom",
},

 

4行目の最後で「,」を打っているのが分かります。これは、新しい

コマンドを試したときに”test”: “node scripts/test.js –env=jsdom”の後ろの

「,」を消し忘れていたのが原因ということになります。

これを消して保存することで無事ビルドさせることができました。

以上でpackage.jsonのエラーは解決となります。タイピングミス気を付けましょうネ!

 

 

  • この記事いいね! (0)