浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【cordova】scriptタグを高速で読み込む方法

アプリの高速化を計るため、devToolでどこが遅いか調べていたところ、

ログインページ辺りでjavascriptの読み込みがやや遅くなっていたので

performancesタブで詳細を取ってみました。するとやはり最初にscriptタグを

読んでいた辺りが怪しかったのでindex.htmlの中のscriptタグの

読み込みを少し修正。。。

 

修正箇所は、”text/javascript” src=”cordova.js”async>

の赤文字の部分。

text/javascriptの部分を抜き取ります

 

</pre>
<script src="cordova.js"async></script>
<pre>

 

HTML5では、scriptタグのtypeのデフォルト値が 最初から”text/javascript” に

設定されており、これが付いている状態で読み込むと、同じ属性”text/javascript” を

二回読むことになってしまい読み込み時間にラグが生まれるという訳です。

 

ここは省略して–script src=”cordova.js”async</script>–のようにすることで

速度の改善を見込むことができます。

正しくはこんな感じ↓

 

</pre>
<script src="cordova.js"async></script>
<pre>

scriptタグが多く設定している時ほど威力を体感できるのではないでしょうか。

後は古い機種(android5.0とか)でも感度良さげですね。

  • この記事いいね! (0)