浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【androidjava】picassoライブラリについておさらい

androidの画像処理系ライブラリにpicassoというものがあります。

 

何が良いかというと

・画像を無理のないサイズ・プロパティを設けるだけで簡単に調整する

・画像をキャッシュに保存する

これらの課題を短いコードで書くだけで処理をすることができます。

最近になってandroidのライブラリを色々使ってみたいと思っていたので

ネットとpicassoの公式のサンプルを見て簡単なコードを作りました。

 

まずgradleにpicassoの最新バージョンを記述します。


dependencies {
implementation 'com.squareup.picasso:picasso:2.5.2'
}

 

記述はシンプルにimageviewに表示させるのみの機能になります。

 

</pre>
public class MainActivity extends Activity {

@Override
protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
super.onCreate(savedInstanceState);
setContentView(R.layout.activity_main);

ImageView imageView = findViewById(R.id.image_view);

int imgId = "http://DCIM/sample.png";

// drawable
Picasso.with(this)
.load(imgId)
.into(imageView);
}
}
<pre>

 

これでandroidで扱うには重い画像も、picassoがちょうどいいサイズで

表示させることができます。

 

androidのカメラで撮った画像は機種に依っては4000*4000とかで

平気で出てくる場合もあるので、重すぎてアプリが落ちたり

表示に時間がかかる場合はpicassoの力を借りた方がよさそうです。

 

一つのアクティビティに複数の加工していない画像を扱う時に

輝きそうです。

  • この記事いいね! (0)