【android】onSaveInstanceStateでメンバ変数を復元する

asaba 著者:asaba

【android】onSaveInstanceStateでメンバ変数を復元する

activityは、画像の回転やブラウザの移動に伴い、破棄されて新しいactivityに

生成されるライフサイクルを持っています。

仮に遷移前にメンバ変数を持っていた場合、移動後は基本destroyされ

またonCreateされるため、持っていた値が無かったことになり

全部消えてしまいます。

 

値を保存して新しいactivity生成時にまた同じ値を使いたいという時は、

onSaveInstanceStateを使って保存する方法があります。

保存対象は主にメンバ変数で、edittextやtextViewといったview系の値はviewが独自で

復元してくれるのでそちらは考慮する必要はないです。

ではどうやって保存するかというと、まずonSaveInstanceStateメソッドをこのように

書いていきます。

 


@Override
protected void onSaveInstanceState(Bundle savedInstanceState) {
super.onSaveInstanceState(savedInstanceState);
savedInstanceState.putString("str", mName);
savedInstanceState.putInt("int", mAge);
}

 

保存する値は、Bundleというクラスが持っているput○○というメソッドに

持たせて保存します。

この他にも、浮動所数点以下の値を保存できるputFloatや画像を保存する

putParcelableがあります。

 

後はどのタイミングで呼ばれるかですが、呼ばれる順番はonparseのすぐ後になります。

onparse->onSaveInstanceState->onDestroy->onCreate(新しいactivity作成)

と覚えていれば問題ないと思います。

 

次に保存した値をどうやって復元するかですが、onSaveInstanceStateで保存した値は

onCreate内でgetStringやgetIntしてメンバ変数に入れるだけで再利用することができます。

 

</pre>
//onCreate内

if (null != savedInstanceState) {
mName = savedInstanceState.getBoolean("str");
mAge = savedInstanceState.getInt("int");
}
<pre>

 

若しくはonRestoreInstanceStateを使って復元するか

 

</pre>
@Override
protected void onRestoreInstanceState(Bundle savedInstanceState) {
super.onRestoreInstanceState(savedInstanceState);
mName = savedInstanceState.getBoolean("str");
mAge = savedInstanceState.getInt("int");
}
<pre>

 

注意点ですが、画像などのデータ量が大きいものを保存しようとすると

android.os.TransactionTooLargeException: data parcel size 32445533 bytesと

エラーを受けるので、どうしても再利用したい場合は必ずデータ量を小さくしたり

Uriのまま保存することをおすすめします。

  • この記事いいね! (0)

著者について

asaba

asaba author

好きなもの:RPG、チョコミント 少しずつ頑張ります。