【zendframework】行の要素を一行ずつ巡回する方法

asaba 著者:asaba

【zendframework】行の要素を一行ずつ巡回する方法

ここ最近phpでsqlに触れる機会が少しあったので、せっかくなので配列に一行ずつアクセスする

処理を勉強がてらブログに残していきます。

まずテーブルを指定して、行を配列の要素として返すにはtoArray()メソッドを使います。

toArray()メソッドは、テーブルにある一つの行を配列の要素として持たせることができるメソッドで

カラムと値はkey=>valueの形で連想配列として扱われます。

 

</pre>
$Tables = new Tables();
$rowset = $Tables->fetchAll();

$rowsetArray = $rowset->toArray();

$rowCount = 1;
foreach ($rowsetArray as $rowArray) {
echo "row #$rowCount:\n";
foreach ($rowArray as $column => $value) {
echo "\t$column => $value\n";
}
++$rowCount;
echo "\n";
}
<pre>

 

一つ目のforeachで行を一つずつ見ていき、ネストされたforeachでは行のカラムの要素を一つずつ

見て一つずつ出力しているのが分かります。

 

これを上手く使えば、全列にアクセスして該当した値に対して指定した数値以下の値を書き換える・削除する

といった柔軟な動きを降り入れることができるのでキホンとして覚えておきたいですね。

 

もう少しフレームワークの動きとsqlの基礎が分かってきたらもう少し掘り下げていじってみたいと思います。

  • この記事いいね! (0)

著者について

asaba

asaba author

好きなもの:RPG、チョコミント 少しずつ頑張ります。