浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【react】mapで新しく配列を作る際に気を付けること

javascriptではリストとして表示したい時・リスト別に値を持たせたいときにはmapがよく使われますが、mapで

新しく配列を作る際にん?と思ったことがありました。

まず、動的にリストを作りたい場合はコンストラクタ生成時に配列を定義するのが普通ですが

ここで{}を定義するとmap is not definedで跳ね返されます。

 

なぜこうなるかというと、{}はオブジェクトを新しく作る時、連想配列を作る時、スコープに用いるといった

役割があり、通常の新しい配列を作ることに向いたmapにはカッコを変換する機能が備わっておらず

ここで不適合とみなされるためです。

なのでmapで新しくカッコを作りたい時はコンストラクタに[]を定義しておきましょう。


this.state = {

//<strong>{}</strong>ではなく<strong>[]</strong>であること
count : [],
}

render() {

{ hallo.map((hallo, index) => {

//処理

})}

}

 

普通の配列を使いたい時はmap、連想配列でmapを使いたい場合は

const map = new Map([’a’,’January’],[’b’,’February’])と書き方が変わってきます。

 

こちらはあまり実用性がないので使ったことがないですね・・・。

  • この記事いいね! (0)