浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【npm】npm cache cleanの使い方

今回はnpmの話題です。cordova platforms ls androidでplatformsを消した後にnpm installをすると以下のエラー群が現れるときがあります。

 


npm WARN addRemoteGit at F (C:\Program Files\nodejs\node_modules\npm\node_modules\which\which.js:69:19)
npm WARN addRemoteGit at E (C:\Program Files\nodejs\node_modules\npm\node_modules\which\which.js:81:29)
npm WARN addRemoteGit at C:\Program Files\nodejs\node_modules\npm\node_modules\which\which.js:90:16

 

これは、前にnpm installした時やnpm ○○ installでパッケージを入れたときの残滓がゴミとなって残り続けるのが原因で、こいつが

いると現在行っているビルドを阻害してしまうのでnpm cache cleanで早めに駆除しておくと楽になります。

 


npm cache clean

 

こいつはエラーとして出るだけでなく、warningとしても出てくるので見かけたら無視せずにこまめにクリーンしてあげることを

おすすめします。

  • この記事いいね! (0)