浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【php】データをキャッシュしてサーバーからのアクセス時間を軽減する方法

ページ読み込みやレイアウト崩れが目立つ場合はjavaScriptコードの見直しやcssの圧縮など幾つか対策を取る必要がありますが、これ以外

にも速度改善の方法の一つにブラウザキャッシュという方法があります。

通常は画像やテキストを取得すためにサーバーにアクセスする必要があるのですが、キャッシュでpcに保存しておくことでサーバー

にアクセスする時間を削減することができ、ページ読み込みの速度の向上につなげることが出来ます。キャッシュが有効期限の間は、

何度ページを表示してもサーバーまで取りに行きません。

この特性を利用することで、画像やテキストを多く抱える大規模なアプリでも大幅にラグタイムをシェイプアップすることができそうです。

ブラウザキャッシュの方法ですが、.htaccessというファイルに以下のように記述してくだけで、至ってシンプルです。


IfModule mod_headers.c

IfModule mod_expires.c
ExpiresByType text/css "access plus 60 days"

ExpiresByType image/gif "access plus 60 days"

ExpiresByType image/png "access plus 60 days"

ExpiresByType image/jpeg "access plus 60 days"

ExpiresByType image/svg+xml "access plus 60 days"

</IfModule>
</IfModule>

自分はphpを少し触った経験があるので(ほんの少しです)あのファイルかと見当できたのですが、そうでない方はなにこのファイルって

思うかもしれないですが、このファイルはwebサーバーのカスタマイズに必要で規約を書いていくことで自分好みのカスタマイズをした

い!という時に使われると思っていてください。

特徴が無いベーシックなサイトを作る時はそこまで使わない・・・かもしれないです。

 

  • この記事いいね! (0)