【Excel】合致するデータを水平方向に検索する「HLOOKUP」関数

村上 著者:村上

【Excel】合致するデータを水平方向に検索する「HLOOKUP」関数

実際に使ってはいないのですが、VLOOKUP 関数をよく使うので、これもいずれ使うのでは?と思い、使い方についてまとめ。
データを水平方向に検索する HLOOKUP 関数です。
そして、この関数を知ってようやく、VLOOKUP の V が Vertical(=垂直)を意味しているのに気が付きました…。

 

HLOOKUP 関数を知るきっかけになった記事はこちら。

【Excel時短術】仕事に効くHLOOKUP関数の使い方 元表を参照して転記する関数:日経クロストレンド
https://trend.nikkeibp.co.jp/atcl/contents/18/00069/00012/?n_cid=nbpnxr_mled_new

関数の構成は下記のとおりです。

=HLOOKUP([検索値],[検索範囲],[行番号],[検索の型])

VLOOKUP 関数とほぼ同じですね。

具体例は下記のとおりです。

B3 ~ B7 までのセルに、HLOOKUP 関数を使って、下の B12 ~ E13 の表と一致する果物の名前を検索して転記しています。
B3 に記載している関数は下記のとおり。

=HLOOKUP(A3,$B$12:$E$13,2,false)

ちなみに、$ マークでセルを固定し、絶対参照にしています。
これをしておくと、B3 から値をコピーするときに、検索範囲がずれるのを防ぐことができます。
色々なところで使えるので、絶対参照は覚えておくと便利です。

 

以上、水平方向に値を検索して転記できる HLOOKUP 関数でした。

  • この記事いいね! (0)

著者について

村上

村上 administrator