Leaflet関連のライブラリを用いる際たまに起こるライブラリのバグ

著者:杉浦

Leaflet関連のライブラリを用いる際たまに起こるライブラリのバグ

Leaflet – a JavaScript library for interactive maps
 LeafletはJavaScript上で地図を描画、操作できる様にするライブラリです。地図の需要は多くLeafletを拡張するライブラリもまた多くあります。紹介するのはこのLeafletに何かを付け足すようなライブラリにありがちなバグです。
 Leaflet関連のライブラリはLeafletに様々なものを載せます。例えばフルスクリーン化、google map、ミニマップ、サイドバー。重要なのはこれらのいずれもまずLeafletありきだということです。このためライブラリの中には単独で動くようにライブラリ内でLeafletを読み込んでくれるものがいます。これ自体はありがたいしそのライブラリ単独ではむしろ良いことです。ですがこの動作を既にLeafletが読み込まれているにも関わらず行った場合、問題が起きます。既に読み込まれていたLeafletを壊すことがあるのです。このLeafletを壊すような問答無用な読み込み動作を行うライブラリが稀にあります。
 Leaflet読み込み動作付きライブラリと他のライブラリを混ぜ合わせて使うと、他のライブラリを上書きして、存在するはずの関数が存在しない、引数の型が期待したものと異なるといった混乱が引き起こされバグが発生します。対処法はライブラリの中を見て

import L from 'leaflet'

の様な変数Lにleafletを出力している様な記述があるかチェックして消し、プロジェクト内に移動しパスを変更するだけです。
 ライブラリの中をいじること自体はバージョン管理が面倒になるアンチパターンもいい所なのであまり褒められたやり方ではありませんが、幸いLeaflet拡張機能系統のライブラリは小さなものが多く個人でもすぐに読み解け管理できます。

  • この記事いいね! (0)

著者について

杉浦 administrator