浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

アクセス権のあるファイルを削除する方法

今回はファイルを過剰に作成してしまい削除が非常にめんどくさくなった時のことを書いていきます。いきなりですが、こんな現象に見舞われた経験はないでしょうか。

これは、管理者の許可をもらっていないために削除できない状態です。別のアカウントで作ったファイルやエディタで作ったファイルを削除しようとすると見舞われるみたいです。あとgitで作ったファイルを削除しようとするときもよく会いますね。(会いたくない)突然の出来事だったので動揺してしまいましたがきちんとした修正方法があったのでそちらにのっかって消していきたいと思います。そもそもgitの扱いも慣れていないのにむやみにファイルを作るなというのが第二の本心ですが・・・.wでは、削除方法を垂れ流していきます。

まず、削除したいフォルダのプロパティからセキュリティから詳細設定をクリックします。

次詳細設定をクリックすると、次のような画面が表示されます。画面上段の所有者の横にある変更というリンクを開きます。すると、編集ダイアログが表示されるので一番下のテキスト欄にログインしている自分のアカウントを選択して「OK」をクリックします。その後に表示されるダイアログで「サブコンテナーととオブジェクトの所有権を置き換える」のチェックを入れて適用ボタンを押します。

 

すると、確認メッセージが表示されるので、ここで「はい」を選べば使っているpcユーザーのアクセス許可が変更されます。以上でアクセス権の変更は終了です。一旦消そうと思ったフォルダとこのプロパティダイアログを全て閉じて、再度削除をしてみてください。それでも消せない場合は、使っているファイルを閉じた後に削除を試してみてください。厄介だったアクセス権の問題もこれで解決しました。がしかししっかりと理解を深めて操作しなければ今回と同じ轍を踏むのでそれを避けるためにも意味をしっかりと理解しながら付き合っていくべきだと感じました。以上です。

  • この記事いいね! (0)