PHPStormでartisanコマンドの予測入力をする

著者:杉浦

PHPStormでartisanコマンドの予測入力をする

 PHPフレームワークLaravelにはartisanコマンドがあります。artisanはアプリケーション開発全体で役に立つ、数多くのコマンドを提供しています。例えば必須ないしあった方がよいコードを持ったモデル、テスト、ミドルウェアの作成、データベースのまとまった操作、Laravelが今持つことになるルーティングリストの表示です。もちろん他にも様々なものがあります。
 artisanの一覧を見ることはphp artisan listからできますが、いちいち確認するのは面倒です。PHPStormのコマンドラインツールにはSymfonyのコマンドライン用クラス\Symfony\Component\Console\Command\Commandを元に作成されたコマンドのコマンドライン入力とサポートするプラグインCommand Line Tool Supportがあります。LaravelのartisanコマンドはSymfonyのCommandクラスから継承されて作られています。次の図はCommandクラスの継承先のリストの一部です。各aritsanコマンドの名が冠されたクラスが並んでいます。
 
 プラグインは設定->プラグインのマーケットプレイスから検索できます。インストールできたなら設定->ツール->コマンド・ライン・ツールのサポートを選び、追加からTool Based on Symfony Consoleを選択、php実行ファイルとartisanファイルのパスを設定して完成です。


 これでartisanコマンドの予測ができるようになりました。artisanを介することでnamespaceや必須メソッド、継承元などをいちいち記述せずとも各基本クラスのひな型を作ることができ、データベースの操作もまとめてでき、開発がはかどります。

  • この記事いいね! (0)

著者について

杉浦 administrator