LinuxにsmartdをインストールしてHDDが壊れたときにメール通知してもらう方法

takahashi 著者:takahashi

LinuxにsmartdをインストールしてHDDが壊れたときにメール通知してもらう方法

社内には一台テストサーバーが置かれてます。こちらのテストサーバーのストレージはRAID構成になっていないため、代わりに故障の兆しを見逃さないためにHDDのSMART情報に何か異変があったらメールが飛ぶようにしてみました。

なお、メールを送信するにはあらかじめメールサーバーのセットアップが必要です。

今回はUbuntuをベースに紹介します。

まず、smartdをインストールします。

sudo apt install smartmontools
sudo systemctl enable smartd

smartdの設定をしていきます。

/etc/smartd.conf

をテキストエディタで開き、下記のように変更します。

#-の行を削除し、+の行を追加
- DEVICESCAN -d removable -n standby -m root -M exec /usr/share/smartmontools/smartd-runner
+ #DEVICESCAN -d removable -n standby -m root -M exec /usr/share/smartmontools/smartd-runner

+ DEVICESCAN -a -M test -m 通知送付先メールアドレス -s スケジュール

“-M test” と入れておくとsmartd起動時にテストメールを送信してくれます。

スケジュールの指定については参考サイトを参照してください。

S.M.A.R.T. – Arch Linux

完了したらsmartdを起動(再起動)します。

sudo systemctl restart smartd

この時点でメールが送信されてこれば、セットアップは完了です。

参考サイト:
S.M.A.R.Tの値をsmartd で監視してメールを送る – それマグで!

  • この記事いいね! (0)

著者について

takahashi

takahashi administrator

Webエンジニア。 趣味で自宅サーバーを稼働中。 ファンタジーが好き。