Let’s Encrypt+MyDNSでサブドメインのワイルドカードを取得する方法

takahashi 著者:takahashi

Let’s Encrypt+MyDNSでサブドメインのワイルドカードを取得する方法

以前、無料のSSL発行サービスであるLet’s Encryptと無料のDDNSサービスであるMyDNSを組み合わせて自動でワイルドカード証明書を取得・更新する方法をご紹介しましたが、前回の方法だけではサブドメインのワイルドカード証明書(例:*.hoge.example.com)を取得することはできませんでした。

今回はそのサブドメイン証明書をLet’s Encrypt+MyDNSの環境で自動取得・更新する方法をご紹介します。

本題に入る前に、そもそもなぜサブドメインにワイルドカード証明書が必要なのか、について説明します。

折角ワイルドカード証明書がとれるようになったのだから

*.example.com

の証明書だけとっておけば全部使えるじゃん!

そう思う方もいらっしゃるかもしれません。

ここがややこしいところなのですが、実は*.example.comのSSL証明書は例えばhoge.example.com に対しては有効ですが、 *.hoge.example.com(正式な呼び名ではないですが、ここでは便宜上”サブサブドメイン”と呼びます。)に対しては有効ではありません。

ということで サブサブドメインにも適用可能なワイルドカード証明書を作るためには、サブドメインのワイルドカード証明書が必要である、という説明でした。

それではその”サブドメインのワイルドカード証明書”を、Let’s Encrypt+MyDNSで取得してみましょう。

まず、MyDNSにログインします。

メニューから

USER INFO

を選択すると、登録情報編集画面が開くので、その中の

子ID関連の”追加する子IDの数”を追加するサブドメイン分選択します。

これで登録すると、申請した分の子IDのログイン情報がメールで送られてくるので、その情報をメモします。

次に、親IDにログインしたまま、DOMAIN INFOへ移動して、レコード情報に次のように入力します。

サブドメイン名を入力し、DELEGETEを指定すると、そのサブドメインの設定を行末で指定するmydnsのIDに一任させるように指定することができます。

指定するmydnsのIDは、先ほど登録情報欄で増やしたmydnsIDを選択します。

詳細は公式のドキュメントを参照してください。

https://www.mydns.jp/?MENU=030

ここまで出来たら、後は以前ご紹介した手順をサブドメイン分繰り返します。

ただし、
DirectEdit-master
はサブドメイン分用意する必要がありますので注意が必要です。(txtedit.confに登録できるアカウント情報が1つのみのため、アカウント分用意してそれぞれtxtedit.confを設定する必要があるため。)

ディレクトリ名を変えてインストールなどして対策してください。

これでサブドメインでもワイルドカード証明書の自動取得・更新をすることができました。

サブドメインの証明書が必要な方は是非試してみてください。

  • この記事いいね! (0)

著者について

takahashi

takahashi administrator

Webエンジニア。 趣味で自宅サーバーを稼働中。 ファンタジーが好き。