浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【html-css-javascript】PureCSSで無骨なページをそれっぽくする

前回は、PureCSSで色々いじくり倒していましたが、今回はちゃんとしたアプリっぽい見た目で作ってみました。

今回は、imgタグとinput fileを使った画像を表示するページを作りました。備忘録ぽいですがご容赦ください。

input fileといえばボタンを押すと画像ギャラリーに飛ぶあのコンテンツです。

メジャーなので知らない人はいないと思いますが、そのままこいつを使うとどうも雰囲気が堅いというかなにも

手を付けていないようで野暮ったいです。

せっかくなので前回でも使ったこのPureCSSで今風のボタンにかえてあげましょう。

html↓

    <div class="thumb-wrapper">
      <img id='myImage'>
    </div>
    <div class="button-wrapper">
      <span class="label">
        画像アップロード
      </span>
        <input type="file" name="upload" id='upload' class="upload-box" placeholder="Upload File">
    </div>

CSS↓


/*画像が表示されるコンテンツの位置調整*/
    .thumb-wrapper {
      position: relative;
      height: 50px;
      text-align: center;
      margin: 20% auto;
    }
/*ボタンの幅と位置の調整*/
    .button-wrapper {
      position: relative;
      width: 150px;
      text-align: center;
      margin: 20% auto;
    }
/*ラベルの設定*/
    .button-wrapper span.label {
      position: relative;
      z-index: 0;
      display: inline-block;
      width: 100%;
      background: #00bfff;
      cursor: pointer;
      color: #fff;
      padding: 10px 0;
      text-transform:uppercase;
      font-size:12px;
    }
/*実際に働くボタン*/
    #upload {
        display: inline-block;
        position: absolute;
        z-index: 1;
        width: 100%;
        height: 50px;
        top: 0;
        left: 0;
        opacity: 0;
        cursor: pointer;
    }

JavaScript。↓

    <script>
      const target = document.getElementById('upload');
      const img = document.getElementById('myImage');
      target.addEventListener('change', function (e) {
        const file = e.target.files[0]
        const reader = new FileReader();
        reader.onload = function (e) {
          img.height = 200;
          img.src = e.target.result;
          console.log(img);
        }
        reader.readAsDataURL(file);
      }, false);
    </script>

script側は従来の画像を表示させる機能だけなので割愛させていただきます。

今回使うオブジェクトは4つ。一つ目は画像が表示された時の場所を調整するCSSです。画面中央にくるように

してありますが、このコンテンツは特にPureCSSの恩恵を受けていないのでそこまで語るまでもないです。

二つ目のCSSははボタンの幅を調整しています。これもアップロードするボタンの位置を決めているだけで

こちらも特にPureCSSの影響は受けません。

三つ目のCSSですが、ここでボタンの基本的な部分を生成しています。

button-wrapper span.labelを指していますが、これはbutton-wrapperタグの中のspan.labelを操作しますよという意味合いに

なります。divの中にspanで定義されているので、それが操作の対象になります。

ここでbackgroundやwidthで調整するとこんな感じに仕上がります。

角があった従来のフォームよりクリーンな出来になりました。

 

最後の#uploadオブジェクトですが、こちらは本来あったあのフォームをposition: absoluteを使い

上のボタンで被せるような役割をもっています。

htmlのinput fileのIDにも書いてあるとおりこちらが本体となっており、前のフォームがラベルに隠れて作業をしていたと考えると

分かりやすいです。

最後にここで実装したフォームの全体画像を載せて終了になります。

 

今回も公式を参考にしたコードです。PureCSSに慣れるまでまだかかりそうなのでご容赦くださいまし。

 

 

  • この記事いいね! (0)