【androidJava】exifInterface:exif情報の取得

asaba 著者:asaba

【androidJava】exifInterface:exif情報の取得

前回はexifInterfaceを使うためのgradleの設定をしたので、今回いよいよ実際にコードを書いて説明していきたいと思います。

 

前述のサポートにより、画像を扱うアプリではInputstreamを使うことでExifInterfaceがぐっと使いやすくなりました。

これにより、受け取ったURIから直接画像のexif情報を取得できるようになりました。

exifInterfaceをnewする前にInputStreamを初期化しておきましょう。

<pre>InputStream in = null;</pre>

ここでようやくexifInterfaceクラスを使うことが出来ます。次に向き(orientation)の取得ですが、ここではexifInterfaceクラスの

メソッドgetAttributeIntを使って向きを取得します。getAttributeIntの使い方ですが、取得する情報のタグを指定して値を取得する.

だけで使うことができます。例えば、何の変哲もない修正していない画像を取得する場合はExifInterface.ORIENTATION_NORMALを

指定します。

<pre>int orientation = exifInterface.getAttributeInt(
        ExifInterface.TAG_ORIENTATION,
        ExifInterface.ORIENTATION_NORMAL);</pre>

無事に取得できれば後はこのorientationを変更したい角度に合わせてswitch文にセットすれば対象の画像のexif情報を

取ってくることができますね。

<pre>switch (orientation) {
    case ExifInterface.ORIENTATION_ROTATE_90:
        rotation = 90;
        break;
    case ExifInterface.ORIENTATION_ROTATE_180:
        rotation = 180;
        break;
    case ExifInterface.ORIENTATION_ROTATE_270:
        rotation = 270;
        break;
}</pre>

ExifInterface.ORIENTATION_ROTATE_〇〇はぱっと見分かりづらいですが、ものすごくかみ砕いて「この角度にすれば正しい位置になるよ」

と解釈しておけばその内慣れてくると思います。

次回はこのメソッドで取得したrotation変数を使って実際に向きを変えて表示してみましょう。

断片的なコードだけでは戸惑うかたもいると思うのでメソッド含めた全コードを載せておきます。


public class sample extends AppCompatActivity {

private ImageView imageView;
@Override
protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
super.onCreate(savedInstanceState);
setContentView(R.layout.activity_sample);
imageView = findViewById(R.id.image_view);
int locatate;
int rotation = 0;
Bitmap bitmap;
Uri uri;
Intent intent = getIntent();
uri = intent.getParcelableExtra("imageUri");
try {
bitmap = MediaStore.Images.Media.getBitmap(getContentResolver(), uri);
//画像の向きを取得
getBmp(uri,rotation);
} catch (IOException e) {
e.printStackTrace();
}
}
public int getBmp(Uri uri,int rotation) {
  InputStream in = null;
  try {
    in = getContentResolver().openInputStream(uri);
    ExifInterface exifInterface = new ExifInterface(in);
    //緯度経度を取得
    getLatlong(exifInterface);
   //画像の向きを取得
    int orientation = exifInterface.getAttributeInt(
    ExifInterface.TAG_ORIENTATION,
    ExifInterface.ORIENTATION_NORMAL);
   switch (orientation) {
     case ExifInterface.ORIENTATION_ROTATE_90:
     rotation = 90;
     break;
     case ExifInterface.ORIENTATION_ROTATE_180:
     rotation = 180;
     break;
     case ExifInterface.ORIENTATION_ROTATE_270:
     rotation = 270;
     break;
  }
    System.out.println(rotation);
  } catch (IOException e) {
    e.printStackTrace();
  } finally {
    if (in != null) {
      try {
        in.close();
      } catch (IOException ignored) {
    }
  }
}
     return rotation;
}
}

 

 

  • この記事いいね! (0)

著者について

asaba

asaba author

好きなもの:RPG、チョコミント 少しずつ頑張ります。