WordPressの次期メジャーアップデートで実装される記事エディタ”Gutenberg”を使ってみた

takahashi 著者:takahashi

WordPressの次期メジャーアップデートで実装される記事エディタ”Gutenberg”を使ってみた

WordPressの次回メジャーバージョンアップ WordPress 5.0から新しい記事エディタ”Gurenberg(グーテンベルク)”が実装されるようです。

Gutenberg – WordPress

WordPress 5.0はまだリリースされていませんが、Gurenbergは既にプラグインとして公開されており、既存の4.x系のWordpressでも先行して試すことができます。

ということで、早速、自分の所有するWordpressサイトにインストールしてみました。

インストール後は、管理画面から
投稿->新規追加
をクリックしたときに表示されるエディタが従来のTinyMCEからGutenbergに差し替えられます。
ただし、ダッシュボードや記事一覧の”新規投稿”ボタンに変更が加えられ、ドロップダウンから旧エディタを選択することが可能です。

早速Gutenbergを呼び出してみます。

まず見てわかるのは、入力欄がとても大きくなりました。
トップにタイトルの入力欄、そしてその下には本文入力欄があり、ここまでは従来と変わりませんが、入力してみると…

改行するごとにブロックが分けられ、そのブロックを組み合わせてコンテンツを作っていく編集方式になっていました。
ブロックは自由に入れ替えることができ、別のブロックにしておけばコピペなして内容の順番を入れ替えることができます。

ブロックには文章の外にも画像や動画などを含めることもできます。

ブログのUIを見るとどうしても長文を書かないといけない気になって続かない…なんてこともありますが、GutenbergのようなUIなら、短文を気軽に書いてもいいようなUIになっていて、ミニブログ感覚で無理なく書けるのではないかなと思いました。

なお、Wordpress 5.0以降も従来のエディタを使いたい!という方は、公式でClassic Editorという名前のプラグインで提供されるので、これをインストールすれば引き続き旧エディタが利用できるようです。

ブログは書きたいけどなかなか筆が進まない…という方は一度試してみてはいかがでしょうか?

  • この記事いいね! (0)

著者について

takahashi

takahashi administrator

Webエンジニア。 趣味で自宅サーバーを稼働中。 ファンタジーが好き。