次世代のWeb規格となるか!? 特定のサーバーに依存しない分散型ファイルシステム”IPFS”

takahashi 著者:takahashi

次世代のWeb規格となるか!? 特定のサーバーに依存しない分散型ファイルシステム”IPFS”

いま、インターネットの新しい仕組みとして、IPFSという仕組みが開発されています。

IPFSとは何か? – IPFS入門

IPFSの最も大きな利点は、特定のホスティングサーバーがダウンしても、コンテンツの配信が継続可能な点です。

従来のHTTPのようなサーバー/クライアント型の仕組みの場合、サーバーが何らかの理由で稼働が続けられなくなってしまった場合、そのサーバーが配信する情報には一切アクセスができなくなってしまいます。

これはインターネットを人類の知識の保管場所、データベースにしたいと考えた場合に構造的な欠陥があることになります。

IPFSはこういった問題を解決する手段の一つとして、今注目されているようです。

また、IPFSは構造上ブロックチェーンとの相性も良いそうで、今後これらを組み合わせた全く新しいサービスが出てくる可能性もあるようです。

IPFS Demo

使い方によっては”サービス終了のないサービス”が実現可能になるかもしれませんね。

  • この記事いいね! (0)

著者について

takahashi

takahashi administrator

Webエンジニア。 趣味で自宅サーバーを稼働中。 ファンタジーが好き。