JavaScriptの多彩な日時表現関数Date.prototype.toLocaleString()

著者:杉浦

JavaScriptの多彩な日時表現関数Date.prototype.toLocaleString()

 Date.prototype.toLocaleString() – JavaScript | MDN

 toLocaleString() メソッドは、言語に合わせた日時の文字列を返します。新しい locales 引数と options 引数により、アプリケーションは、使用される書式変換の言語の指定や、関数の振る舞いのカスタマイズができます。古い実装のアプリケーションは、locales 引数と options 引数を無視します。使用されるロケールや返される文字列の書式は、完全に実装依存です。

 古い実装に無視される、完全に実装依存、と実験的機能の気もしますが対応状況は次の画像の通り致命的なエラーを起こすことなく、多くの範囲に対応しています。
 
 toLocaleString()はtoLocaleString(String locale,Object options)と使います。この関数はとにかく便利で、表示される日時の種類とフォーマットの大部分を制御できます。区切り文字は残念ながら制御できませんがそれだけなら正規表現でちょちょいです。locale,optionsに何が入るかは実装したコードを見た方が早いでしょう。

 これはVueで書いていますが生のJSでも問題なくtoLocaleString()は使えます。ここに表記したオプションはよく使うであろうちょっとしたものでリファレンスの中にはより多彩なオプションの説明があります。

  • この記事いいね! (0)

著者について

杉浦 administrator