浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

【cordova-react】componentWillMountが廃止される日

componentWillMountとは、一回だけ呼び出される一連の処理を指しており一般的にはページ更新でよく用いられます。

最近になってReact.jsのライフサイクルの一つであるcomponentWillMountが近いうちに廃止されることを知ったのでリアルタイムで

使っていたので焦って調べたのですが、どうやらリリースをしていくうちにrenderが何度も呼ぶようになってしまい、安定したコンポーネ

ントが維持できなくなるためにこのような措置が取られたみたいです。

React.jsのバージョン16.3ではまだ使うことができるみたいですが、17.0で完全に廃止されてしまうみたいですね。

それでもこのライフサイクルでアプリを作りたい!という方はUNSAFE_componentWillMountメソッドを使ってやり過ごしましょう。

 



UNSAFE_componentWillMount(){

//初回で何らかの処理をしたい時に書きます。

}

UNSAFEは直訳だと安全でないと捉えられるが、セキュリティ上での意味でなく将来リリースするバージョンでバグを引き起こす可能性が

ありますよという意味なので使う分には問題ないみたいです。

 

reactもクラスの書き方だったりライフサイクルが見直されたりと目まぐるしくスタイルが変わっていきますがそれまでに普段から公式マニ

ュアルを見たり各コンポーネントの役割を理解していけば怖くないはずです、はず・・・。

参考にさせていただいたリンクです。↓ 英語です(汗)

What’s new in React 16.3(.0-alpha)

Understanding React — Component life-cycle

 

  • この記事いいね! (0)