【Cordova】ローカル通知機能を実装するためのプラグイン「cordova-plugin-local-notifications」

村上 著者:村上

【Cordova】ローカル通知機能を実装するためのプラグイン「cordova-plugin-local-notifications」

今回は、アプリにローカル通知を送る方法について。
アプリから通知を送るには、以前にも何度か記事に取り上げた cordova-plugin-fcm など、インターネット経由で外部サービスと連携してプッシュ通知を送る方法がありますが、ローカル通知はアプリ自身が通知を送る仕組みです。

プラグインは「cordova-plugin-local-notifications」を使用しています。
GitHubはこちらから。

GitHub – katzer/cordova-plugin-local-notifications: Cordova Local-Notification Plugin
https://github.com/katzer/cordova-plugin-local-notifications

 

まずインストール方法ですが、下記のコマンドを実行します。

cordova plugin add cordova-plugin-local-notification

ローカル通知を送るには、下記のコードを実行します。

cordova.plugins.notification.local.schedule({
    title: '[タイトル]',
    text: '[メッセージ]',
    foreground: true
});

最低限、上記のタイトルやメッセージテキストなどを指定すれば、即時に通知が送付されます。
他にも指定できる項目があり、添付ファイルや、”Yes”、”No” などのボタン、更には文字の入力欄を追加することもできます。

また、trigger という項目を指定することで、送付するタイミングや、繰り返し通知することもできます。
現時点では使ってはいませんが、こちらも便利そうですね。
サンプルコードはこちら。

// 指定した時間にローカル通知を送付
cordova.plugins.notification.local.schedule({
    title: '[タイトル]',
    text: '[メッセージ]',
    trigger: { at: new Date([年], [月], [日], [時]) }
});

// 指定した回数だけ毎日通知する
cordova.plugins.notification.local.schedule({
    title: '[タイトル]',
    text: '[メッセージ]',
    trigger: { every: 'day', count: [回数] }
});

個人的には、あるエリアに行くと通知する、という下記のコードも便利そうだと思います。

cordova.plugins.notification.local.schedule({
    title: '[タイトル]',
    text: '[メッセージ]',
    trigger: {
        type: 'location',
        center: [lat, long],
        radius: [通知半径],
        notifyOnEntry: true
    }
});

ただし、こちらの位置による通知は iOS 未対応のようです。
ご利用になる際には、その点だけご注意ください。

 

以上、アプリにローカル通知を送信する方法についてでした。
予定のリマインドなど自分自身に通知を送りたいだけの時には、こちらのプラグインで十分だと思います。

  • この記事いいね! (0)

著者について

村上

村上 administrator