Appleの発表会で噂されていた新型のMacBook Air と Mac miniがついに発表!!! そのスペックはもはや”廉価版Mac”ではない!?

takahashi 著者:takahashi

Appleの発表会で噂されていた新型のMacBook Air と Mac miniがついに発表!!! そのスペックはもはや”廉価版Mac”ではない!?

昨晩のAppleの製品発表会、Apple Special Event ですが、僕もリアルタイム配信で見ていました。
いやぁめちゃくちゃ盛り上がってましたね!とても楽しかったです。

Apple Special Event2018年10月30日 – Apple

今回はかなり盛りだくさんの内容で、

・MacBook Air
・Mac mini
・iPad Pro
・Apple Pencil

これだけの新作ハードウェアが発表されました。
その中で、今回はMac周りに絞ってどんなことが発表されたのか、かいつまんでご紹介したいと思います。

・ついに発表! 新型MacBook Air

以前から登場が噂されてはいたものの、なかなかその姿を現さなかった新型MacBook Airですが、今回の発表会でついに発表されました!!!

この発表に会場も大歓声があがりました。

一見すると外見のデザインは踏襲されているように見えますが、他のMacBook同様にUSB Type-Cポート(Thunderbolt 3)2つに統合されました。
またディスプレイ部分はアルミのベゼルではなくMacBook Proのような黒ベゼルに変わり、Retina Displayが採用、解像度も400万ピクセルにパワーアップしたとのこと。
キーボードは新世代のバタフライキーボードが採用され、耐久性が増しているということです。

そして驚くのはここから。

なんと最大で1.5TBまでストレージを増やすことができるように。
このオプションを選ぶと+11万円になりますが、モバイルPCで1TB以上もの容量のSSDが実際に搭載されるようになったというのは驚きですね。

そして筐体のサイズが、従来よりも17%小さくなっているようで、より持ち運びがしやすくなっているのも魅力的ですね。

他にも専用のセキュリティチップを搭載したり、Touch IDに対応したりと、”廉価版Mac”とは言わせないといわんばかりのスペックアップが図られています。

MacBook Air – Apple

・4年ぶりにリニューアル!新型Mac mini

なんとさらにもう一つ、以前から登場が噂されていたMacが発表されました!


新型のMac mini !!!

実に4年ぶりのリニューアルだそうです。
こちらもカスタマイズ次第で超高性能デスクトップPCにすることができます。

そして小さい筐体でありながら、使いそうなポートが沢山備えられているのも魅力です。

Ethernetポートは10Gbpsに対応し、Thunderbolt 3ポートにはeGPUを接続可能とのことです。

そんな高性能で筐体が小さいMacなので、映像制作現場でスタックさせて使うこともできますし

何ならデータセンターのサーバーマシンとしても使えますよというような説明にちょっと笑ってしまいました。

Mac mini – Apple

今回は以前から噂されていた新しいMacが2つも発表されたので、正直とてもびっくりでした。
自分は旧モデルのMacBook Air 11インチを使っていまして、持ち運ぶのにはとても使いやすい大きさなのですが、現在は残念ながらラインナップから消えてしまっていました。
このままMacBook Air自体もなくなってしまうのかな?と思っていたので、今回の新機種発表はとても嬉しいニュースですね。

旧モデルの13インチMacBook Airよりも筐体の大きさも小さくなっているようですので、もし次乗り換えるなら選択肢としてありかもなぁ、と感じました。

  • この記事いいね! (0)

著者について

takahashi

takahashi administrator

Webエンジニア。 趣味で自宅サーバーを稼働中。 ファンタジーが好き。