【PHP】FireBase Cloud Messagingを利用したプッシュ通知をPHPから送る方法

村上 著者:村上

【PHP】FireBase Cloud Messagingを利用したプッシュ通知をPHPから送る方法

今日は、FireBase Cloud Messaging を利用したプッシュ通知を PHP から送付する方法についてです。
思ったより簡単に実装できたので、自分の備忘録(または困ったときのコピー元)としてまとめました。
なお、こちらは送信方法のみです。
FireBaseのアカウント作成等は飛ばしておりますので、その点はご了承ください。

今回参考にさせていただいた記事はこちらから。

WebAPIを叩く(curl) – Qiita
https://qiita.com/re-24/items/bfdd533e5dacecd21a7a

WebAPIの実行には、curl を使用しています。

 

早速ですが、コードはこちら。

$token = '[firebaseのトークン]';
$base_url = 'https://fcm.googleapis.com/fcm/send';

$data = array(
  "to" => "[送付先のデバイストークン]",
  "priority" => "high",
  "notification" => array(
    "title" => "[タイトル]",
    "body"  => "[メッセージ]",
    "sound" => "default",
    "click_action" => "FCM_PLUGIN_ACTIVITY"
  )
);

$header = array(
  'Authorization: key='.$token,
  'Content-Type: application/json'
);

$curl = curl_init();
curl_setopt($curl, CURLOPT_URL, $base_url);
curl_setopt($curl, CURLOPT_CUSTOMREQUEST, 'POST'); // post
curl_setopt($curl, CURLOPT_POSTFIELDS, json_encode($data)); // jsonデータを送信
curl_setopt($curl, CURLOPT_HTTPHEADER, $header); // リクエストにヘッダーを含める
curl_setopt($curl, CURLOPT_SSL_VERIFYPEER, false);
curl_setopt($curl, CURLOPT_RETURNTRANSFER, true);
curl_setopt($curl, CURLOPT_HEADER, true);

$response = curl_exec($curl);

$header_size = curl_getinfo($curl, CURLINFO_HEADER_SIZE); 
$header = substr($response, 0, $header_size);
$body = substr($response, $header_size);
$result = json_decode($body, true); 

curl_close($curl);

接続先だったり、送付するデータを変更しただけで、ほぼ参考にさせていただいた記事に書かれていたコードそのままです。
変数 $data 内に指定しているデータは、通知の内容によって変更してください。
FCMの詳細については、下記の公式サイトのガイドを参考にしてください。

Firebase Cloud Messaging|FireBase
https://firebase.google.com/docs/cloud-messaging/?hl=ja

 

以上、FireBase Cloud Messaging で プッシュ通知をPHPで送信する方法でした。
他の WebAPI を PHP で実行するときにも使えますので、参考にしていただければと思います。

  • この記事いいね! (0)

著者について

村上

村上 administrator