【Cordova】iBeaconとの推定距離を取得する方法【JavaScript】

村上 著者:村上

【Cordova】iBeaconとの推定距離を取得する方法【JavaScript】

試して分かりましたが、これは一筋縄ではいかないやつですね。
これに関しては、私にBeaconの知識がないのも原因でしょう。

ということで、早速本題へ。
今回、参考にさせていただいたサイトはこちらです。

RSSI と TxPower からビーコンとの距離および近接度(Proximity)を推定する – Qiita
https://qiita.com/shu223/items/7c4e87c47eca65724305

まず、ビーコンの信号から TxPower と RSSI という値を取得します。
ちなみに、それぞれの値は下記のようなものです。

  • TxPower:ビーコンが発する信号の強さ
  • RSSI:デバイス(AndroidやiOS端末)が受信した電波の強度

で、これらの値と距離との関係は、下記のような式で表すことができるとのこと。
なお、d は距離を表しています。

RSSI = TxPower - 20 * lg(d)

で、こちらの式から、距離 d の計算式は下記のとおりです。

 
d = 10 ^ ((TxPower - RSSI) / 20)

こちらの式をJavaScriptで書くとこうなります。

var d = Math.pow(10.0, (TxPower - RSSI) / 20.0

これで一応は、距離が取得できました。

 

こちらを実際に cordova-plugin-ibeacon に導入すると、下記のようになります。

delegate.didRangeBeaconsInRegion = function(pluginResult) {
    var beaconData = pluginResult.beacons[0];
    console.log("d = "+((Math.pow(10.0, (beaconData.tx - beaconData.rssi) / 20.0))));
}

ビーコンの信号が取得されている間、定期的に呼ばれる関数内で使用しています。
ちなみに、実際に取得できるデータはこちら。

{
    "eventType":"didRangeBeaconsInRegion",
    "region":{
        "identifier":"[ビーコンの名前]",
        "uuid":[ビーコンのUUID],
        "major":"1",
        "minor":"3",
        "typeName":"BeaconRegion"
    },
    "beacons":[
        {
            "uuid":[ビーコンのUUID],
            "major":"1",
            "minor":"3",
            "proximity":"ProximityNear",
            "rssi":-67,
            "tx":-58,
            "accuracy":1.7
        }
    ]
}

こちらを実行すると、ビーコンの信号を受信している間ずっと定期的に計算したビーコンとの距離が出力されていました。

が、参考にした記事によると、この値は「自由空間」という「障害物がない空間」での測定を前提とした計算方法らしいです。
障害物などの有無によって、電波の受信強度が変わるので、実際にはそのあたりも考慮する必要があるとのこと。
…はい、だんだん分からなくなってまいりました!

 

ということで、本日はいったんここまでとしたいと思います。
実際に取れた値も、やけに振れ幅が多いし…実際に使うにはまだまだでしょう。
もう少し、Beaconについての学習も進めていきたいと思います。

以上、Beaconとの距離を計算する方法でした。

  • この記事いいね! (0)

著者について

村上

村上 administrator