【Cordova】現在の位置情報を取得できる「cordova-plugin-geolocation」プラグイン

村上 著者:村上

【Cordova】現在の位置情報を取得できる「cordova-plugin-geolocation」プラグイン

タイトル通り、Cordovaで開発中のアプリで現在地の緯度・経度を取得する方法です。
今回使用したプラグインはこちら。

GitHub – apache/cordova-plugin-geolocation: Apache Cordova Plugin geolocation
https://github.com/apache/cordova-plugin-geolocation

このプラグインでは、現在の位置情報を1度だけ取得したり、もしくは定期的に位置情報をし続けることができます。

インストールコマンドはこちら。

cordova plugin add cordova-plugin-geolocation

実際のコードはこちら。

// 成功した時の処理
var onSuccess = function(position) {
    console.log('Latitude: ' + position.coords.latitude);
    console.log('Longitude: ' + position.coords.longitude);
};
// 失敗した時の処理
function onError(error) {
    console.log('code: ' + error.code);
    console.log('message: ' + error.message);
}

var option = { timeout: 30000 };
// 現在の位置情報を1度だけ取得
navigator.geolocation.getCurrentPosition(onSuccess, onError, option);

成功時の処理、失敗時の処理に加えて、オプションを追加することができます。
上記のコードではタイムアウトの時間を指定しています。
他にも、enableHighAccuracy : true を指定すると、高精度な位置情報を取得できます。
もし、なるべく正確な位置情報を取得したい場合は、こちらのオプションを追加してください。

定期的に位置情報を取得し続けたいときは、navigator.geolocation.watchPosition() を使います。
なお、引数は navigator.geolocation.getCurrentPosition() と同じです。

 

ちなみにおまけですが、2点間の距離を求める方法について、リンクを張っておきます。

地球上の2点間の直線距離を求める – Qiita
https://qiita.com/s-yoshiki/items/b0a6f2143db0e1a191e8

主に自分の備忘録のためのメモですが、恐らく緯度・経度を取得した時に行うことが多い処理ではないかなと思います。
こちらも是非参考にしてください。
 
以上、Cordovaのアプリで現在地の緯度・経度を取得する方法でした。

  • この記事いいね! (0)

著者について

村上

村上 administrator