【Cordova】「cordova-plugin-fcm」で取得したトークンが登録されていない時の対処法

村上 著者:村上

【Cordova】「cordova-plugin-fcm」で取得したトークンが登録されていない時の対処法

以前、「cordova-plugin-fcm」プラグインの getToken() でトークン取得できない時の対処法について紹介しましたが、こちらの方法で取得できたトークンが実は使えなかったので、さらなる対処法についてです。
一応下に以前の記事を載せておきますが、こちらは非推奨ですのでご注意ください。

【Cordova】プラグイン「cordova-plugin-fcm」のgetTokenでnullが返ってくるときの対処法
https://cpoint-lab.co.jp/article/201810/【cordova】プラグイン「cordova-plugin-fcm」のgetTokenでnullが返ってくると/

 

では、今回行った対応策ですが、まず Firebase Console Messaging の設定を確認します。
で、いつから変わったのかは知らないのですが、クラウドメッセージングの設定の APNs証明書を登録する項目で、この証明書に代わり、APNs 認証キーを設定できる様になっていました。
実際の画面はこちら。

推奨しているのは、こちらのAPNs 認証キーとのことでしたので、証明書からキーに変更します。
なお、認証キーは Apple DeveloperCertificates, Identifiers & Profiles ページから作成できます。
そして、この認証キーは一度しかダウンロードできないので、万が一にも消してしまわないように注意してください。

次に、Xcodeの設定です。
Xcode の Workspace Settings から、Build System を変更します。
恐らく、New Build System になっていると思いますので、これを Legacy Build System に変更します。

変更点は上記の2点です。
あとはいつも通り Build して実行したところ、無事に getToken() でトークンが取得できました!

 

以上、getToken() で null が返ってくるときの対処法でした。
Push通知に関しては、もしAndroidで問題なく動いているのなら、iOSの原因は十中八九 証明書周りのはずなので、まずはそのあたりを調査することをおすすめします。

  • この記事いいね! (0)

著者について

村上

村上 administrator