【Android】XMLをJSONに変更できるライブラリ「JSONIC」

村上 著者:村上

【Android】XMLをJSONに変更できるライブラリ「JSONIC」

結論から言うと、私の環境ではうまく使えなかったので、実際の使用は見合わせました。
が、かなり便利そうだったので、いつか使うとき用に備忘録としてまとめます。

今回紹介するのは、「JSONIC」というJava用のシンプルかつ高機能なJSONエンコーダー・デコーダーライブラリです。
GitHubはこちらから。

GitHub – hidekatsu-izuno/jsonic: simple json encoder/decoder for java
https://github.com/hidekatsu-izuno/jsonic

…しかし、よく見たら、今後機能強化が行われることがないメンテナンスモードに移行するとのこと。
もし利用する場合は、jackson への移行をおすすめしているとのことでした。

 

使い方のサンプルコードはこちら。

import net.arnx.jsonic.JSON;

// POJOをJSONに変換します
String text = JSON.encode(new Hoge());

// JSONをPOJOに変換します
Hoge hoge = JSON.decode(text, Hoge.class);

いたってシンプルです。

また、XMLをJSONに変換したい場合は、下記のようにします。

Document doc = builder.parse(new File([変換したいXMLファイル]));
String xmljson = JSON.encode(doc);

例えば、下記のようなXMLファイルを変換すると、

<feed xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom">
  <title>Feed Title</title>
  <entry>
    <title>Entry Title</title>
  </entry>
</feed>

変換後のJSONは下記のようになります。

["feed", {"xmlns": "http://www.w3.org/2005/Atom"},
    ["title", "Feed Title"],
    ["entry",
        ["title", "Entry Title"],
    ]
]

なお、この時、タグ間の空白文字も TextNodeとして出力されるらしいので、これが不要な場合は、DOM作成時に取り除く必要があるとのことでした。

 

以上、簡単ではありますが、JSONIC ライブラリの使い方でした。
もし、JSONのエンコード・デコードをシンプルに行えるライブラリをお探しでしたら、参考にしていただければと思います。
が、最初に書いたように、JSONIC は今後機能強化を行わないとのことでしたので、利用する場合は、jackson を使用するようにしてください。

  • この記事いいね! (0)

著者について

村上

村上 administrator