mac OSの回復USBディスクを作成する方法

takahashi 著者:takahashi

mac OSの回復USBディスクを作成する方法

最近、会社のiMacのmac OSが立ち上がらなくなってしまっため、OSの上書きを試みましたが、内臓のリカバリーモードではうまく行きませんでした。
そこで、外部メディアにインストーラーイメージを入れて、外部からリカバリしてみることにしました。

今回の操作を行うには、メディア作成時に正常に起動するMacintoshと約12GB以上の容量を持つ空のUSBメモリが必要になります。
データが入ったUSBメモリも使用できますが、今回の手順を試すとUSBメモリ内の全データが削除されてしまうので注意してください。

手元に正常に稼働するMacintoshが1台しかない方は、緊急時に備えてあらかじめ1本作っておくことをお勧めします。
なお、OSの再インストールに使う際はバージョンをアップグレードするごとに作成する必要があります。

まずはmacOSを起動して、AppStoreから現行のmacOSを探します。
リカバリディスクが作れるのは、AppStoreからダウンロードできるバージョンに限られますので注意してください。

写真は既に入手した後の画面のため、”開く”になっていますが、ダウンロード前に開くと”ダウンロード”というボタンになっているので、クリックします。
ダウンロードが終了すると、アプリケーションフォルダに”macOS Mojaveインストール”が追加されます。

この状態になっていることを確認したらアプリケーションからTerminal.appを開き、次のようにコマンドを入力します。(※この手順を実行するとUSBメモリ内のデータがすべて削除されます)

sudo /Applications/Install\ macOS\ バージョン名(例:mojave).app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/インストールメディアにするUSBメモリのデバイス名

コマンドを実行すると、USBへのインストーラーイメージの書き込みが開始されます。
コマンドライン上に進行状況が表示されるので、完了するまで待ちます。

Ready to start.
To continue we need to erase the volume at /Volumes/Install macOS (バージョン名)/.
If you wish to continue type (Y) then press return: Y
Erasing disk: 0%... 10%... 20%... 30%... 100%
Copying to disk: 0%... 10%... 20%... 30%... 40%... 50%... 60%... 70%... 80%... 90%... 100%
Making disk bootable...
Copying boot files...
Install media now available at "/Volumes/Install macOS (バージョン名)"

完了したら、”Install macOS (バージョン名)を取り出す”をクリックしてUSBを取り外し、保管しておきます。

作成したUSBインストールメディアを使用する際は、まずmacOSが起動している場合は一度シャットダウンします。
そのあと、USBを本体に差し込み、

キーボード左下あたりにある”option(alt)キー”を押したまま電源ボタンを押します。

すると、どのディスクからOSを起動するか選択する画面が出てきますので

“Install macOS (バージョン名)”
を選択します。

あとは言語を選べば…

内臓のリカバリーモードと同等の画面が表示されました。
内容もそのままリカバリーモードと同じなので、OSのインストール以外にもディスクチェックやTerminalの起動も行うことができます。

困ったときは是非参考になれば幸いです。

  • この記事いいね! (0)

著者について

takahashi

takahashi administrator

Webエンジニア。 趣味で自宅サーバーを稼働中。 ファンタジーが好き。