GoogleがGoogle Chrome 69をリリース。テスト中だった新UIがついに正式版に。

takahashi 著者:takahashi

GoogleがGoogle Chrome 69をリリース。テスト中だった新UIがついに正式版に。

GoogleがGoogle Chrome 69をリリースしました。

New in Chrome 69 – Google

新バージョンに更新してまず最初に目につくのがツールバー部分のデザインの変更でしょう。

以前
Google Chrome Ver.68でChromeの新しいデザインが利用可能に。
でご紹介したテスト中の新UIが、正式版として実装されたものと思われます。

Chrome68で実装されていたテスト版のUIはこんな感じでした。

正式版ではタブの追加ボタンが再び右端のタブの右側に戻り、直感性が上がりました。
また、今までアプリモードでは右クリックメニュー以外からは一切メニューにアクセスできませんでしたが、

タイトルバーから一部メニューにアクセスできるようになりました。
アプリ上から拡張機能の設定も行えるため、さらに便利になりそうです。

そして今回の最も多きな変更はやはりSSL関連。

SSLが有効となっているサイトの表示が、ついに灰色の鍵マークとなり、Chromeの”SSLは適用されていて当たり前”という考え方がより色濃く感じられるようになりました。

なお、次バージョンのChrome 70 では、ついにhttpサイトへつないだ際に文字入力をすると、赤文字の”保護されていません”表示が行われるように変更されるとのことです。

Google Chrome、HTTPSサイトの「保護された通信」を非表示に 「デフォルトで安全が前提」 – ITMedia エンタープライズ

Chrome 69からHTTPSの表記が変化!Chrome 70以降も要チェック! – 常時SSL Lab.

まだSSL対応をしていない皆さんはお早めに。

  • この記事いいね! (0)

著者について

takahashi

takahashi administrator

Webエンジニア。 趣味で自宅サーバーを稼働中。 ファンタジーが好き。