画像を扱う多機能なCLIツールimagemagick

著者:杉浦

画像を扱う多機能なCLIツールimagemagick

 imagemagickは画像を扱うソフトです。imagemagickの特長は多彩な動作と多様な対応形式にあります。以下は最近使ったコードです。

magick convert -density 200 *.pdf -set filename:src %t %[filename:src].png //pdfファイルをpngファイルへ変換
magick convert -crop 128x128 x.jpg output.jpg//x.jpgを128x128サイズで切り分けてoutput-n.jpgへ出力
magick convert output-0.jpg -resize 256x256 ..\output\out.jpg//output-0.jpgを256x256サイズへ拡大してoutput以下へ保存
magick convert -size 128x128 -gravity center -font "Meiryo-&-Meiryo-Italic-&-Meiryo-UI-&-Meiryo-UI-Italic" -pointsize 60 label:%%i -transparent white %%i.png//batchでiをイテレーターにループ。中央に数字のiを描いた128x128の画像を生成
magick convert base.png %%i.png -gravity center -compose over -composite icon_%%i.svg//base.pngを背景にして↑で作った画像を重ね合わせ、svg形式で出力
magick convert -append 137.715136_*.gif output.gif//縦に結合
magick convert +append output*.gif all.gif//横に結合
magick convert +adjoin ss.gif pic.gif//gifをフレームごとに分解

 もちろん、この他にも様々なことができます。
 大変便利なimagemagickですが、ベクトル形式の画像の扱いは苦手です。imagemagickは知る限りbitのmapとして画像を扱います。このせいかsvgを生成する際もドットをラッピングするという手法を取っており、拡大してもジャギーが出ないというベクトル画像の利点が死にやすいです。

  • この記事いいね! (0)

著者について

杉浦 administrator